FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
やっぱり好きだと思った♪
2008 / 04 / 29 ( Tue )
フォンタン手術後1ヶ月と24日(1歳7ヶ月)

珍しくカニューラを付けていないけんちゃん。
「素顔」です(笑)

お風呂上りにスルメをくわえているゴキゲンな姿♪
このあとすぐにカニューラを付けたけどね(* ̄m ̄)

スルメが大好きで、あぐらをかくように背中を丸めてテレビを観ながらスルメをかじって座っている姿は「おっさん」にしか見えないんだけど、どうしてけんちゃんは女の子に間違われるんだろう?
1年以上の付き合いになる小学校のお友達のママに「えっ、けんちゃんって女の子じゃなかったの!?」と言われてこっちがおどろいた。
「けんちゃん」と呼ばれる女の子なんているのか!?(笑)
さて本題に。
オクラとしらすの和え物
オクラ・しらす・きざみ昆布・かつおぶしにだし醤油をかけて。

最近ようやく国産オクラが出始めた。
うちのお姉ちゃんはオクラが大好き。
これを盛った器を手渡したら「んーー!」と目をつぶって首を激しく横に振るから「あれ~?キライになっちゃった?喜ぶと思っていたのに」と思ったら、その直後「うれし~!!ムキャーっ!!」と叫んだお姉ちゃん。
そんなに好きなのか?^^;

たぶんけんちゃんも好きにちがいない!と思っていたら、やっぱりとても気に入ってたくさん食べていた。
そうだと思ったんだよね~♪
これからしばらくは、我が家の食卓に頻繁に登場することになるだろう。

ちなみに、昆布とかつおぶしは、お味噌汁のダシをとった残り。
かつおぶしは、以前たしか一度記事にしたことがあったような気がするけれど、かつおぶし削り器で毎日削っています。
12年前に結婚したときからずっと。
けんちゃんは、かつおぶしを削る音が大好きで、私がコレをやり始めるとすかさず寄って来て、音にあわせて体を上下に動かすの。
なんだかマニアックだ(笑)


くどいようだが、MCT食を終えてもなるべく和食中心で。
素材は旬のもの、できれば国産のものを。
料理の手間は惜しまない。

「手間を惜しまない」といいつつ、フードプロセッサーの威力に救われたMCT食。
1年ちょっと前に実家から「ひとつ余っているからあげる」ということで譲り受けたフードプロセッサーだったんだけど、つい最近まであまり日の目を見ずにキッチンの棚の上のほうで眠っていた。
MCT食を作らなければいけなくなり、特にササミをミンチにするときには大活躍。
これがあったからこそ美味しいMCT食が作れたのだと信じている。
実家から譲り受けたのも「近い将来必要になる」という暗示だったのだろうと思う。

鶏そぼろ(→click!)と大根を使った鶏だんご(→click!)はすっかりけんちゃんのお気に入り定番メニューとなって、いまだにササミでせっせと作っている。
これからも、けんちゃんが喜ぶお料理をたくさん作ってあげるね♪
スポンサーサイト
01 : 54 : 22 | MCT食 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top
MCT食 鶏だんごパート2
2008 / 04 / 17 ( Thu )
鶏だんごパート1はコチラ→click!


☆作り方☆
ささみ1本をフードプロセッサーでミンチにする
大根(真ん中あたりで厚さが1~1.5センチぐらい、重さにするとささみと同量ぐらい)をすりおろし、出てきた水分を半分ほど捨ててささみに加える
めんつゆ(ストレート)またはだし醤油、なければ醤油(大さじ1/2~1)を加えてよく混ぜ合わせる
沸騰した鍋の中にスプーンですくって落としていく
スープは和風でも洋風でもどちらでも、お野菜も添えてお好みでどうぞ♪

ちょっと濃い目の味付けになってます。
大根によっては辛くなっちゃうかもしれないので、すりおろした時点で味見してみて醤油の量を調整してください。

これね、冷蔵庫に大根があったから何となく思いついて作ってみたんだけど、パート1より簡単でしかもふわふわで美味しいっ!
大根が全く気にならないし。
「たね」がゆるめだから、つくねには向いていなくて、鶏だんごかシューマイ向きなんだけど、フライパンで焼こうと思えば焼けないこともないです。

MCTに関係なく、これからも作ることになるかも♪
07 : 24 : 21 | MCT食 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
MCT食 もやしのナムル&じゃがいももち
2008 / 04 / 15 ( Tue )
あともうちょっとになったMCT食。
18日からは普通食になるので、今日を含めてあと3日。
なんだかあっという間だったな~。
このまま胸水がたまらずに過ごせますように。


もやしのナムル
☆作り方☆
大豆もやしを茹でる。
おろしにんにく少々・塩少々・青じそドレッシングと混ぜてしばらく置いて味をなじませる。
※普通のナムルは時間をかけてじっくり味をなじませたほうが美味しいけど、これはあまり時間がたちすぎると青じそドレッシングの味が強く出てしまうので、食べる15分前ぐらいに和えるのがちょうどいいです♪

実は、もやしのナムルが大好きなけんちゃん(笑)
ごま油を使っていない分、あっさりさっぱりなんだけど、にんにくをちょっぴり入れることで「ナムル」っぽくなります。



じゃがいももち
☆作り方☆
じゃがいもをふかしてつぶす。
片栗粉をまぜる。
小判型にしてテフロンのフライパンで油をひかずに両面に少し焦げ目がつくまで焼く。
しょうゆとみりんで味付けして、のりを巻いて出来上がり。
※ほかの家族は、バターしょうゆ味にしたり、鮭フレークを混ぜても美味しいです♪


13 : 15 : 09 | MCT食 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
水分フリー&MCT食 鶏そぼろ
2008 / 04 / 12 ( Sat )
フォンタン手術後からずっと水分制限1日500ml(食事の水分は含めず)だったけんちゃん。
昨日の外来でめでたくフリーとなりました!

K医師に「今700でしたっけ?」と聞かれ「いいえ、500です」と答えたら「まだ500だったっけ!?退院のときに700にするはずなんだけどな」と言われた。
ふふふっ、先生忘れちゃったの~?
けんちゃんは500という制限が設けられていても実際はそんなに飲まないから今までだって実質フリーみたいなものだったのですよ( ̄ー ̄)
退院してからの2週間で500飲みきったのは1日だけ(カレー粉を少し使ったらやっぱり辛かったらしく、さすがにその日はお茶をたくさん飲んでいた^^;)
あとはだいたい300~400mlでOKな人なのです。
と話すと、K医師も「あぁ、そうだったね~!」と思い出してくれて「じゃあ本来なら700に上げるところだけど、そんな状況なら数字を設定しても意味がないから、もうフリーってことにしちゃいましょう」ということとなった(笑)

母乳を長く続けていた甲斐あって(?)、術前の水分摂取の大半が母乳のみだったこと、あまりストローやコップの練習をさせていなかったことが幸いしたらしい。
退院したらおっぱいを欲しがるんじゃないかと心配していたけれど、あまりそういう素振りも見せない。
眠たくなったときに反射的に私の胸元をさわることならあるけれど。
だから、思惑通り今回のフォンタン手術を機に卒乳することができたわけだ。
しかも、とてもあっさりと♪
(実は・・・私の母乳はいまだにちょびっと出るのだけどね^^;)

まだまだ続くと思っていた乳び胸の治療のためのMCT食。
思いがけずあと1週間となり、逆に「えー?まだまだ作ってみたいものがあったのにー!」と思った私^^;
K医師からは「御家族のみなさん、特にお父さんがそれじゃツライでしょ?」と言われて「いいえ、けんちゃん以外は普通の食事を食べていますから」と答えたら「えっ、そうなの?けんちゃん、かわいそうだなぁ」と笑われた。
そして、3歳で乳び胸になったある患者さんの御家族は、おじいちゃんおばあちゃんまで含めて全員MCT食を食べていたのだけど、最初に悲鳴をあげたのはお父さんで、MCT食の間はお父さんだけ外食したり、帰る途中にハンバーガーを食べてから帰宅するといった涙ぐましい(?)努力をしているというエピソードを聞いた(笑)
どうなんだろ?家族の誰かがMCT食になったとき、ほかの家族もそれにあわせるのが普通なのかな?
3歳だとたしかに一人だけ違うものを食べさせようとしても本人が納得しないのだろうね。
うちの場合は、夫よりもお兄ちゃんのほうが先に悲鳴をあげてしまうだろうな^^;

私が実践しているのは、家族みんなでMCTを食べるのではなく、けんちゃんのMCT食を、せめて見た目だけでも家族と同じメニューに近づけて納得させる方法。

こちらはMCTシューマイ。
ささみのひき肉・たけのこ入り。
皮は強力粉と水で手作り(市販の皮は植物油が含まれているため)
具にとりがらスープを多目に入れてしっとり感をだしてみた♪
けんちゃん以外は市販の皮を使った普通のシューマイを。

こういう「ごまかし」がきくのは、けんちゃんがまだ1歳だからなんだろうけど、とりあえず見た目がなんとなく同じなら納得している様子です(笑)
別々に作らなければならないからキッチンに立つ時間がとても長いんだけど、私はお料理が好きだから苦にならないのだ♪
(ただし、片付けは苦痛でしょうがない^^;)

ミルクや母乳をやめてもいい月齢で、喉のかわく暑い季節でもなく、しかもごまかしが通用する月齢であったこと、まさにフォンタン手術を絶妙なタイミングで受けたのだなと、あらためて納得。




鶏そぼろ 2種類

☆作り方☆
ささみ1本をフードプロセッサーでミンチにする。
小鉢に入れて、めんつゆ(3倍濃縮ではなくストレートのもの)を大さじ1杯と砂糖を少々としょうがのしぼり汁少々を加えて混ぜ合わせる
(めんつゆを少なめにしてお味噌を少し加えても美味しいです)
ラップをして500wの電子レンジで1分30秒~2分加熱。
(少々生の部分もある完全に固まっていない状態で一旦加熱をやめる)
取り出してほぐしながらよく混ぜ、ラップをはずした状態で40秒~1分加熱。
しばらく置いて味をなじませる。

右側の画像のとろみが付いているやつは、実はみたらしだんごの「あん」の残りで作ったもの。
「だんごの粉」で作ったおやつ♪
「みたらしあん」は、お醤油・砂糖・水・片栗粉で。
お兄ちゃんとお姉ちゃんは磯部のほうを取り合ってケンカしていた(笑)
次はもっとたくさん作らなきゃ。

余った「みたらしあん」に、しょうがしぼり汁少々とささみを入れて火が通るまで加熱してできあがり。
これはこれでおいしそうにご飯と一緒に食べてくれたけど、私が味見したかんじではちょっと臭みが残っていたかな。
次にまたみたらし&鶏そぼろをセットで作るときには、まずしょうがしぼり汁とささみだけをある程度レンジで加熱してから混ぜ合わせてみようと思う。

鶏そぼろの脂質量は、ささみ1本分(60~70g)で、0.5g前後です♪
17 : 30 : 47 | MCT食 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
MCT食 ポテトチップス
2008 / 04 / 10 ( Thu )



ノンオイルポテトチップス

お兄ちゃんたちが食べてるんだもの。
いくらほかの部屋で食べてたって、なぜかバレちゃうんだもの。
(じゃあ買うなって?^^;)
やっぱり、食べたいよね、ぽてち。

☆作り方☆
じゃがいもをスライサーやピーラーで(なければ包丁でできるだけ薄く)スライスする
水にさらした後、よく水気をふきとる
お皿にオーブンシート(クッキングシート)を敷き、その上に重ならないように並べていく(直接お皿に乗せるとくっついてしまうので注意)
ラップをかけずに500wの電子レンジで3分加熱
裏返してさらに1分加熱
まだパリッとしていなければ、さらに30秒ほど加熱
塩を振って完成♪
※電子レンジの性能・じゃがいもの厚みや大きさによって加熱時間が異なるので、調整してください

これは家庭で普通に油で揚げてフライドポテトを作るときにも言える事なんだけど、じゃがいもをカリッとパリッと仕上げたいときは、しっかり水にさらして表面のでんぷんを落とし、さらにしっかり水気をふき取ることが重要。

小さいじゃがいもで作ったから、小さなポテトチップスになっちゃったけど、かえってけんちゃんのお口にはちょうどいい大きさだったかも(笑)
とっても喜んで食べていました。
脂質はじゃがいもの分だけだから、100gあたり0.1g!
これから頻繁に作ることになるかも~。


今日はちょっとショックなことが・・・
今日のお夕飯は、さわらの味噌漬けだったのです。
MCT食の栄養指導を受けたときに、栄養士さんがたしかに「さわらもOK」と言っていたと記憶していて、おまけに病院のメニューにも実際さわらが出てきていたし、だから事前に脂質量を確認せずに買ってきて、1切れ全部食べさせて、ついさきほど食品成分表を見てみたらなんと、さわら100gあたりの脂質が10gもあることがわかったのです Σ( ̄□ ̄;)
えーん、ショックー!!
「さわらOK」と言われたのは気のせいだったのかなぁ?
「さわらはダメ」って言われたのを私が勘違いしたのかしら・・・でも病院でも出てきていたし・・・うーむ。
これからは事前にきちんと確認してから食べよう。
思い込み厳禁!!
01 : 00 : 15 | MCT食 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。