FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
末っ子の発達テスト
2013 / 07 / 27 ( Sat )
久々の末っ子ネタ。

昨秋、保健所の3歳児健診で言葉の遅れを指摘され(指摘されなくてもわかってはいたが^^;)今年の4月初旬、入園直前に初めて「母子相談」という形で発達テストを受けた三男。

「母子相談」と言いながら、こういうのはいきなり発達テストをするのが普通なのだ。
私はけんちゃんのときにもさんざん経験してきたことのなので、三男にも事前に自宅で模擬テストのようなことをして、準備万端でのぞんだ前回(笑)
こちらの思惑通り「発語・対人関係以外は月齢を上回る出来」という評価だった。
ただ、あまりにも言葉が遅いことと、人見知り&場所見知りが激しいことから、療育センターでさらに詳しい発達検査を受けたほうがいいかもしれないと言われたのだけれど、けんちゃんも3歳の頃は同じような感じ(もっとひどかったかも)だったから、私としては発達障害のようなものが潜んでいるとは思っていないのでもうしばらくはこのまま様子を見たいと伝えた。

臨床心理士の先生からは、幼稚園に入園してから発達の遅さをからかわれたり、言いたいことがうまく伝わらずにイライラしてお友達とトラブルになる恐れがあって心配だと言われ、夏休みに入ったら園での様子を教えてほしいとのことだったので、7月にまた母子相談の予約を入れていた。

母子相談の数日前にあった幼稚園での個人面談では、担任に「入園当初は赤ちゃんみたいでした」と言われた(笑)
一言もしゃべらず、いつも半べそで先生のシャツのすそをつかんでどこへ行くのも一緒だったらしい。
「そんな赤ちゃんのような子が3ヶ月で急成長して正直驚いています」とのこと。
確かに、特に6月下旬ぐらいから、幼稚園で歌っているのであろう童謡を自宅で大声で歌うようになり、着替えをひとりでしたがり、言葉の面でも急成長した。
幼稚園でもお友達と楽しそうに遊んでいるらしい。
まだ何を言っているのかわからないことも多いけれど、お友達とは不思議と会話が成立しているらしく(笑)、「弟的な存在」ではあるがクラスのみんなにかわいがられていて、トラブルも何もないとのこと。

お友達の存在は本当にありがたい。
もし「発達が遅いから」と年少さんからの入園を見送って自宅で私と二人っきりで過ごしていたら、こんなに成長していなかっただろうと思う。

今度、保健所の母子相談に行くことになっていると話すと
「このまま様子を見ていけば、年中さんになる頃には追いついているんじゃないかという気がしますけど」と言われた。

今回、2回目の母子相談では、幼稚園の面談で聞いた園での様子をそのまま伝えた。
発達テストは、今回は事前準備をせずに臨んだけれど、結果は良好。
生活面・運動面・理解力は実年齢を上回る4歳半相当であるとのこと。
逆に下回るのは、言葉がまだ不明瞭なことと相変わらずの人見知り。
今後どうするかについては
「幼稚園でのトラブルが何もなく、逆にいい刺激をもらって急成長したことを考えると、まだ心配なことはあるけれどこのまま様子見でいいのかなと思います」
ということで、あっさり母子相談卒業となった。
今後は何か心配なことができたらそのときに予約を入れるということになった。
ひとまずパチパチ。

夏休みの終わりごろには、Q大病院で左精巣の経過観察の予約を入れている。
こちらも卒業できるといいんだけど、どうかなぁ・・・

スポンサーサイト
02 : 05 : 22 | 次の子のこと | トラックバック(0) | コメント(7) | page top
三男のその後の経過
2012 / 09 / 14 ( Fri )
けんちゃんの病気に直接関係ないことだから記事にするかどうか迷ったのだけれど、自分自身の覚書として失礼します。

三男が2度目のヘルニアの根治術&精巣固定術を受けてから1年たった。

引っ越す前にS大学病院の小児外科の主治医からこちらの大学病院の小児外科宛ての紹介状をもらった。
どの病院を紹介してもらうかで多少迷ったが、いい機会だからよその病院も見ておきたいと思い、あえてけんちゃんがお世話になるこども病院ではなく大学病院を紹介してもらった。
それと、S大学病院の主治医がこども病院ではなく大学病院のほうを紹介したがっているような口ぶりだったから(理由は不明)。

病院の受診時期は任せると言われていたのと、引越し以来あれこれ忙しかったことと、術後にヘルニアが再々発する様子がなくあまり緊急性を感じなかったため、夏休みの後半にようやく初受診した。
院内はとてもきれいで、受付の事務員の応対もよく、小児科の待合室には遊べるコーナーもあってとても好印象だった。

夏休みのためか、関係なくいつもこうなのか、激こみ^^;
1時間半待ってようやく計測に呼ばれた。
おかしかったのが、三男は計測室に入って体重計に乗せられるまで、今日の主役が自分だということに気づいていなかったらしい(笑)
そうよね、たいていこのパターンの場合はけん兄ちゃんの付添いだものね。
私も「今日はあなたのための病院よ」と言っていなかったし。
(けんちゃんには「今日はけんちゃんじゃないからね」と言っていたけど)
で、自分のための病院だったのかと気づいてからはずっとグズグズモード。
体重を測るのも一苦労(-_-;)
そう思うと、けんちゃんはエライわ。計測ごときでグズったことなんてないもの。

そこからさらに30分ほど待ってエコー検査。
固定した左精巣にきちんと血流があるかどうか、大きさはどうかを確認するため。
前回S大学病院でエコーしたのが3月で、このときはたまたまぐっすり眠っていてくれたから、暴れもせず緊張もせず、とてもいい状況でエコーできたのだけれど、今回は大暴れ(-_-;)
当然タマは縮み上がってしまってるし(笑)

このエコーでちょっと心配なことが。
素人の私がみてもハッキリわかるほど、左右の精巣の大きさが違っていたのです。
3月の時点では同じ大きさだったのに、手術をした左側はそれから全く大きくなっていない。
血流は確認できたから、手術の影響で血液が行き届いていないわけではなさそう。

診察室でエコーとは別の医師から説明を受けた。
S大学病院でもそうだったのだが、こちらの病院でも鼠径ヘルニアや精巣固定術の場合は手術から1年間は経過観察を続けて、1年後の検査で問題がなさそうだったらそこでフォローは終了なんだとか。
だから、さきほどのエコーで問題がなさそうだったら「はい、これでおしまい」のところだったんだけど、そうはいかなくなったと^^;

ヘルニアのほうは心配なさそうだが、左精巣が問題。
左精巣は糸で固定しているためエコーの角度が難しく、これが実際の大きさなのかどうか確実ではないが、右と比較してタテもヨコも5ミリの差があるというのはかなり気になる。
もしかすると、ヘルニアの手術の影響で精巣が挙上したのではなく、もともと生まれつき左精巣が未発達だったとか、何か先天的な問題があるのかも。

こんな小さな子にはあまりやらないんだけど、生検したほうがいいかもしれない。
とりあえずまた半年後にエコーして、その結果次第で考えましょう。

ということに。

「生検」って、針を刺すか小さく切開するかして、直接その組織を取り出して検査するやつよね?
あぁ、痛そう(もちろん麻酔はするんだろうけど)
どうか成長してくれますように。お願い!

健全な精巣がひとつあるんだからまぁいいかという気もするし、けんちゃんのように命懸けの病気ではないからまぁいいかとも思ったりするが、やっぱり心配。
改めて、上の子2人が健康であることが奇跡のように思えてくる。
以前にも書いたように私の血縁はやっかいな病気の人が多いから、けんちゃんや三男はそのことが少なからず影響しているのではないかと思えてならない(>_<)


色白で、おでこが広くて、ちょっとしもぶくれな丸顔。
これはけんちゃんにソックリだから、全体的な雰囲気はけんちゃんに良く似ているのだけど、決定的に違うのが目。
「三男くんの目元はママにソックリね~」と最近よく言われます^^

来月で3歳。
けんちゃん同様、ことばが激遅。
最近ようやく「ママ~♪」と呼んでくれるようになった。
いつまで「ママ」って呼んでくれるかな。
今ではすっかり「お母さん」になってしまったけんちゃんにも、こういう時期があったなと思って過去記事を調べてみたら、2009年12月(3歳3ヶ月)の頃だった。
ということは、三男はけんちゃんより4ヶ月言葉が早いのか。
とはいえ、一般的な発達と照らし合わせると遅すぎるのは間違いないので、3歳児の集団健診でひっかかるのは確実だ^^;

三男を来春から幼稚園に通わせる気まんまんな私だけれど、夫は「こんな赤ちゃんみたいな子を受け入れてくれるわけない」と言う。
「『発達が遅いからこそ早く集団生活を』とかなんとか言って熱意を見せればOKなんじゃない?」と言ったら
「熱意をアピールするのが苦手なお前が何言ってる」と鼻で笑われた。
さて、どうしようか(-_-;)









15 : 59 : 09 | 次の子のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
三男のヘルニア再手術&精巣固定術
2011 / 09 / 05 ( Mon )
今年の4月、けんちゃんの幼稚園入園や上の子たちの新年度のゴタゴタの忙しいさなかに三男は鼠径ヘルニアの手術を受けた。
近隣のS大学病院で。

その後、精巣が袋に入らずに上にあがったままになっている「精巣挙上(せいそうきょじょう)」(停留精巣ともいう)であることがわかり、「経過観察を続けて下がってきそうになければ1年後ぐらいに手術」と言われていた。
(以前チラっと「三男が1年後ぐらいにまた手術かも」と書いたのがこのこと)

鼠径ヘルニア手術の合併症として稀に、ヘルニアの収束の際に精巣が引っ張られて上がったままになってしまうことがあるという説明を受けていたからそういうことなのか、それとも、もともとヘルニアがすごく大きく出ていたせいで左のタマがどこにあるかすらわからない状態だったから、手術以前からそうだったのかは不明。

なんにせよ、まぁ仕方ないか~と思っていた矢先の6月に、今度はヘルニアが再発 Σ( ̄□ ̄;)
前回の術前説明のときに「再発の可能性もある、確率は100人に1人ぐらい。再発は術後1年以内に起きるのがほとんど」と聞いてはいたけど、たったの2ヶ月での再発は結構ショックだった。

だから、6月末の外来のときに主治医に
正直、4月の手術が無駄だったと思えてならない。
本人の負担・家族の負担・経済的な負担を考えると、こんな頻度で再発を繰り返していたらやってられない。とても残念。
と、そのときの正直な気持ちを話した。

小児外科S医師の返答次第では「こども病院に戻りたい」と言おうと心に決めていたが(もともと、けんちゃんもお世話になっているこども病院で受けた生後1ヶ月健診のときに新生児科のO医師に「かんとんが怖いから自宅から近い病院のほうがいい」と言われてS大学病院を紹介されたという経緯がある)
S医師がとても誠意のある態度を示してくれたし、私自身はS医師の腕が悪いからこうなったとも思っていないし、前回と同じ医師にやってもらったほうがいいと思ったので、その場で手術の予約を入れて帰宅した。

夫や私の両親にそのことを報告すると「何でまたあの病院で手術するんだ」とさんざん責められたが、鼠径ヘルニアという病気のこともS医師のこともたいして知らない人たちにエラソーにあれこれ言われたくないわよっ。
もちろん夫には事前に「外来に行って先生と話した上で次の手術をどこで受けるかその場で決めようと思っているけれど、それでいいか?」「なんなら外来についてくるか?」と確認し「おまえに任せる」との了解をとったのに、あとから文句言うんだもの。
医者を目の前にしたらなーんにも言えないくせに。
みんな口をそろえて「その医者の腕が悪いせいだ」と言うけれど、私はそうは思えないのよね。
だいたいみんな、言ってることがトンチンカンだし。
「こども病院のA先生(けんちゃんの執刀医)にやってもらえばいいじゃないか」とか。
(A医師は心臓専門で、もちろん鼠径ヘルニアの手術なんてやりません)

まぁ愚痴はこれぐらいにするけれど、とにかく6月以降、私はS大学病院でまた手術を受けるという選択を誰からも理解してもらえず苦境に立たされていたのです。
私だってジレンマは当然あった。
最初からこども病院で受けていたら1回で済んだかも、とか、もし次の手術で不運にも三男の命にかかわるようなことが起こってしまったら転院しなかったことを一生後悔するだろう、とか、もし三男に何かあって夫が私をなじるようなことを言ったらもう離婚だわっ!とか(笑)

そんなこんなで、これが三男にとって最良の選択だったのだと信じて(そう思っていたのは私だけだが)臨んだ2回目の手術。
ヘルニアを閉じる手術と精巣を袋に固定する手術、あわせて1時間半の予定が3時間以上かかり、ヒヤヒヤしたけれど無事終了。
とにかく再再発がないようにとても丁寧にやったのと、ほかにどこか小さな穴(ヘルニア)が開いていないか丁寧に見たせいで時間がかかったとの説明を受けた。
ヘルニアは前回の手術で縛った箇所が開いていたわけではなく、そのすぐ近くにまた大きな穴が開いていたんだとか。
それってどういうこと?体質とかだったらどうしよう・・・。

 がんばったよ

今回の入院は、前回に比べて病棟の応対が丁寧だった。
実は入院時に病棟に提出する書類の「病棟への要望」の欄に、前回の入院のときにひと悶着あったことに対するクレームを書いておいたのです。

何かというと、退院時間をめぐる件。
退院予定日は主治医のS医師が午前中に外来を担当しているので、退院診察がお昼ぐらいになるけどそれでいいか、とS医師に聞かれたので「できるだけ早い時間に退院したいので、外来が始まる前ではだめですか?」と聞いたら「じゃあそうしましょう、9時前ってことで」となった。
退院当日、S医師との約束通り8時半すぎに病棟に行ったら
看護師に「そんな話聞いてない」「基本的に退院は10時以降と決まっている」「こっちにも準備があるのに困る」とさんざん文句を言われたのです。
私が何度も「先生に言われた時間に来ただけ。S先生に確認してください」と言っているのに相手がしつこく「聞いてない」を繰り返すからもう困惑。

やっと追い返したと思ったら、看護師パート2が登場。
また同じことを言われ、また同じ説明を繰り返す。
やれやれと思っているところへ、今度はまた別の看護師パート3が登場(笑)
丁寧な口調ではあったが「今は面会時間ではない。退院までまだずいぶんと時間があるから一旦病棟から出ろ」という内容のことを言われ、ブチ切れてやろうかという衝動を抑えながらまた冷静に根気強く説明した大人な私。

とにかく、病棟にきちんと伝わっていなかったことは間違いないらしい。
朝の忙しい時間帯に規則を知らずにやってきた迷惑な親だと思われたのだろう。
でもね、入院中ほとんど放置だったくせに、文句のあるときだけ入れ替わり3人も言いに来るのはどうよ。

その件について、簡単な経緯と「申し送りぐらいきちんとしてほしい」「文句を言いに来る看護師は一人で十分です」と書いたわけ。
その甲斐あってか(!?)なんかみなさんの対応が(医師も含めて)とても丁寧だったような。
モンペと思われたかしら^^;

S大学病院の名誉のために言い添えておくと、確かにこちらにも非はあった。
私は、けんちゃんのこども病院と同じ感覚で、けんちゃんの主治医のY医師にお願いするのと同じ感覚で、S医師に「外来前に診察してください」なんてお願いしてしまったけれど、大学病院のそれなりの地位の先生が提示した退院時間を一蹴してこちらから指図し、しかもそれが規則に反する時間外なんて、大学病院ではもしやご法度だったのではないかと、あとから気付いた。
(エラソーな態度など微塵も見せることのない穏やかなS医師は渋い顔もせずに快諾してくれたのだけど)
こども病院の場合、ベッドが空くのを待っている子がいるから「とっとと出てけ」ぐらいの勢いで、早い退院は大歓迎という雰囲気で、私はすっかりそれに慣れてそれが当たり前だと思っていたから、失礼な態度をとってしまって申し訳ないことをしたと思った。
(だからといって、よってたかって文句を言いにくるのはちょっとねーと思うから、クレーム書いたけど)

ずっと同じ病院にかかっていると、そこでのルールが当たり前だと思いがちだけれど、病院によっていろいろなのだと痛感した出来事だった。
だからこの記述も、私がS大学病院の悪口を書いているのだと思われてしまうのは本意ではありません、念のため。

で、今回はどうしたかというと、やっぱり9時に退院しちゃったけどね。
前回とは違い「わがまま言って申し訳ありません。できればで結構なんですが・・・」と低姿勢でお願いしてみた。
やったことは同じだけど(笑)


長くなってしまったけれど、とりあえず手術は無事に終わった。
でも再発がこわい。
1年間は心穏やかではいられないだろう。

ひとつ、願掛けとして、三男の手術をけんちゃんのお誕生日である9月2日にした。
ラッキーボーイであるお兄ちゃんの運をもらえますように、ということで。
そんなわけで、けんちゃんの5歳のお誕生日はもうドタバタ。
けんちゃん本人は、その日1日、大好きなおばあちゃんとベッタリ過ごし、プレゼントにプラレールのはやぶさのセットを買ってもらって、まんざらでもなかったようだけど(笑)
お祝いは改めて、今週末にでもやってあげる予定。

毎年恒例のフェルトのケーキ。
もうバージョンアップのアイデアが尽きてしまって、ロウソクを4から5に替えただけ。
ごめんよー!!






02 : 22 : 22 | 次の子のこと | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
三男の耳鼻科受診
2011 / 01 / 30 ( Sun )
けんちゃんの循環器内科受診の翌日に今度は三男の耳鼻科。

経緯をおさらいしておくと
?新生児の聴覚検査で左耳が聞こえていないと指摘されて耳鼻科を受診
?再検査では「全く聞こえていないわけではないが、聞こえにくい状態。
 1年後に再検査しましょう」と言われて1年後の予約を取った。

というわけで、1年ぶりの受診。
1年前は「脳波聴力検査」という、ぐっすり眠っている状態で頭に電極を付けて音を聞かせ、脳が反応しているかどうかで聴力を確かめるという方法だったが、今回は「眠らせる」とは聞かされていなかったので、ほかの方法で検査するんだろうなと。
(眠らせるときは事前に「病院に来る途中に寝かさないようにして」とか「前日から寝不足気味にして」というミッションを言い渡される)
いまおよそ1歳3ヶ月という月例でまともな検査ができるんだろうか?どうやって検査するんだろうか?と、三男の聴力の心配よりも検査方法が興味津々だった私^^;

だってね、この1年、聞こえていない感じが全くなかったんだもの。
言葉もぽつぽつ出始めているし。
意味のある言葉が出ているってことは少なくとも普通の大きさの話し声は聞こえているってことだから。

で、今回の検査がどんなだったかというと、けんちゃんが以前受けたものとほぼ同じだった。
使用した機器はこちら→http://www.nagashima-medical.co.jp/content/view/341/28/
対象は1歳以上。

いろいろな高さの音が鳴り、音が鳴っている方向を向くと鏡だった部分からぬいぐるみがピカピカ光って登場。
それにビビッた三男は私の膝の上でのけぞって半ベソになってしまったが、そのあたりは慣れている言語聴覚士さんがなんとかなだめてくれて無事に検査終了。
最後のほうはパターンを覚えてしまい、視線をほかのところにそらしたあと音が出る前にスピーカーの方向を見てしまったりして、ビミョーだった(笑)
この年齢だと、ヘッドフォンを装着して音を聞くという検査がまだできないので、検査としてはこれが限界。
20デシベルに関しては「おそらく聞こえているだろうけど、確実とは言い切れない」という結果に。
ただ、この20デシベルというのはとても小さな音で、実用レベルでは30デシベルが聞こえていて、言葉も出ていればOK(補聴器などの必要もなし)とのこと。

耳鼻科O医師の診察では、まず「この1年間、聞こえが悪いと感じたことはあるか?」と質問され「特に感じなかった」と答えた。
そして、意味のある言葉は出ているか?運動面での発達はどの程度か?という質問に答えた後、耳の内診。
大きな耳垢をたくさん取ってもらった^^;

「最近、風邪ひいたりしていました?見た感じだと、この1年『慢性的な中耳炎』とまではいかないけど、耳の内側に膿がたまって、無くなって、またたまって、を繰り返している印象を受けるんだけど」とO医師。
1歳過ぎたあたりから、風邪はしょっちゅうです^^;

O医師によると
おそらくこの子は、耳の内側に膿がたまりやすいタイプなのだろう。
耳の内部の構造の問題かもしれない。
新生児の聴覚検査のときは羊水がたまって聞こえなかったんだと思う。
これからも中耳炎になりやすい子だということを忘れずに
きたない鼻水が長引いていたり、耳を気にするようなしぐさを見せたときには耳鼻科に行ってあげてください。

とのこと。

そして、こども病院での耳鼻科受診はこれで終了となった。
よかったね♪

4人目ってこともあって、鼻水をたらしているだけでは病院に連れて行ったり薬を飲ませたりせずにいつも自宅で様子見だったけれど、風邪をひいたら早めに抗生剤を飲ませたほうがいいかな。
中耳炎に気をつけてあげないと!
02 : 23 : 45 | 次の子のこと | トラックバック(0) | コメント(12) | page top
三男の近況
2010 / 06 / 09 ( Wed )
以前、酸素ボンベ運搬用に改造したお人形用のおもちゃのバギー(→click!)にはいま、三男が乗せられています(笑)
(良い子のみなさんは真似しないように!!)

兄姉たちの、そしてそのお友達たちのおもちゃにされても嫌がることなく、いつも機嫌がよくて愛想のいい子。
早いもので生まれてからもう7ヶ月もたってしまった!
この7ヶ月ですでにずいぶんと親孝行してもらった気がする。

離乳食も少しずつ食べ始めている。
その食いつきから察すると、この子はけんちゃんと同等かそれ以上の食いしん坊さんだ^^;

懸案事項の聴力の件は、1月以来検査していないので不明だがさほど悪くないと思う。
小さな音にも反応するので。
こども病院の耳鼻科での再検査の予約は来年の1月。
あまりにも先すぎて、すっかり忘れてすっぽかすのではないかという気がしてならない^^;

そしてもうひとつ。ヘルニアの件。
最初は左鼠径部のみだったヘルニアが左右両側になり、さらにおへそまで臍ヘルニアに!
この写真は、おへそが最も出ていた今年1月のもの。
もう何というか・・・昔のアニメに登場するガキ大将ってこんなおへそじゃなかったっけ?
子どもたちがおもしろがって「ピンポ~ン」と言いながらよく押していた(笑)
この当時は鼠径部のヘルニアの出方もかなりすごくて、もう手術になること間違いなしだろうと思っていた。
それと、ちょっとあちこち出過ぎてないか?しかもどの穴も大きいし、腹壁が弱いとか、なんかの病気だろうか?とちょっと不安になることも。
幸いにして「かんとん」になることはなかったので、そのまま様子を見ていたら3月におへそは完全に引っ込んだ。
右側の鼠径部もあまり出なくなってきた。左は相変わらずお腹に力を入れるとかなり出るけど、それでも徐々に小さくなってきたような気も・・・?

間違いなく手術になるだろうと思っていたのが、もしかすると自然治癒するかも!?という希望の兆しが見えてきたところで、先週、半年ぶりにS大学病院の小児外科を受診してきた。

あちこちにポチャポチャとお肉がついているからわかりにくいんだけど、右側もまだ少し残っている手ごたえがあるとのこと。
引き続き経過観察していくこととなった。
次回の受診はお誕生日直前の10月中旬。

念のため読んでおいてください、とのことで、鼠径ヘルニアの手術方法を説明してある用紙を渡された。
もし確実に手術になりそうな勢いなら乳児医療証の期限の10月末までに手術してもらいたいと思っていたが、自然治癒への希望がちらっと見え隠れしているので待つことにした。
「次に会うときには歩いているかな?」と小児外科S医師に言われて、そうか1歳って言ったら普通そうだよな~と思ったが、
残念ながらというか、やっぱりというか、三男もお兄ちゃんやけんちゃんと同様、発達に関してはのんびりさんだ。
ひと月ほど前にやっと寝返りできるようになったけれど、ほとんどやらずにドテっとあおむけに寝ているか私に抱っこされているかのどちらか。

母には「アンタが抱っこしすぎているから発達が遅いのよ。このまんまじゃ『千と千尋の神隠し』に出てくる坊みたいになっちゃうんじゃない?」なんて言われた。
そういや三男は坊に似ている。
ということは、私は湯婆婆か?(笑)



08 : 50 : 58 | 次の子のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。