FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
卒園
2013 / 03 / 31 ( Sun )

けんちゃん、卒園おめでとう!

卒園式から2週間たってしまった。
早くこの記事をUPしなければ入学式になってしまうー!(笑)

ちょうど1年前にこちらに引っ越してきて、幼稚園は年長さんからの転入で、最初は親子ともに慣れないことばかりで戸惑うことが多かったけれど、卒園する頃にはお友達もたくさんできて楽しく通うことができた。
でもやっぱり、途中でお引越しせずに入園した幼稚園に2年間通い通して卒園していたら、卒園式はもっともっと感慨深いものになったのだろうなという思いもチラっとある。

こちらの幼稚園のよかったところは、けんちゃんの病気に対してとてもおおらかだったところ。
最初の受け入れのときも病気のことで難色を示されることはなく、お泊まり保育も普通に連れて行ってくれた。

ピアニカも上手になった。

夏休みまではまーったく弾けなかったピアニカだったが、私の熱血指導のおかげで(!?)めきめきと上達し、2月に行われた幼稚園の音楽会では「その他大勢」のピアニカではなく、なんと!キーボードを担当。
担任の先生にも「どんどん上手くなるからびっくりしました。おうちでどんな練習をしたんですか?」と聞かれた。
ほほほっ、ひたすら練習ですわ。


卒園式後はあれこれバタバタ。
お兄ちゃんの卒園式があったり、お姉ちゃんのピアノの発表会があったり。
そうそう、毎年アホみたいにインフルエンザにかかるお姉ちゃんだったが、今年はかからず!!
今期はけんちゃんしかインフルエンザの予防接種を受けておらず、我が家でかかったのは夫のみ。
うーむ、予防接種はあまり意味がないのかしらねぇ?
これまで何年も高いワクチン代を支払って受け続けてきた我が家としては「意味がなかった」とは思いたくないけれど。

ただ、我が家のお騒がせ的存在のお姉ちゃん。
発表会の2日前に高熱を出し、インフルか!?発表会に出られるのか!?と周りをさんざんやきもきさせた。
検査ではインフルエンザの陽性反応は出ず、発表会当日は微熱まで下がったので本人の出番が終わったら先に帰らせてもらった。
丸2日練習できず、体調も万全でなかったにもかかわらず、ショパンの小犬のワルツを見事に完璧に弾ききったのは立派だったが、あの子はどうしてこうもお騒がせなのかしら。。。

それと、三男の外来でQ大病院にも行ってきた。
左精巣は相変わらず迷走中(-_-;)
次回は夏休みに診てもらうことになった。
来週は保健所の発達相談に行く予定。
言葉は少しずつ出るようになってきたが、何を言っているかわからないことのほうが多い。

お兄ちゃんの中学校の体操服&ジャージの採寸に行ってきたが、まだ身長が140センチしかないお兄ちゃん。
一番小さいSサイズが160センチで、当然ものすごくぶかぶかなんだけど、どうすりゃいいんだ?早く成長期が来ておくれと思う反面、声が低くなってニキビだらけになってヒゲが生えてきて・・・なんてイヤだわ。
そうなったら、ますますけんちゃんと三男がかわいく思えてしまうだろうなぁ(笑)

こんなかんじで春休みを過ごしています。
4月は入学式が3日連続!
助っ人としてお義母さんに来てもらいます。感謝。
でも、雨はふらさないでね(笑)
スポンサーサイト
02 : 50 : 09 | 幼稚園 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top
幼稚園の個人面談&お泊まり保育
2012 / 07 / 26 ( Thu )
けんちゃんが通う幼稚園の1学期の終業式が20日で、その日の午後に個人面談があった。

担任の先生によると、普段のけんちゃんはとてもにこやかで楽しそうにお友達と遊んでいるらしい。
最初のうちは、様々な決まりごとがよくわからず戸惑って固まっていることも多かったようだが、周りの子の様子を観察してやるべきことを理解して行動できるようになってきたらしい。
最初のうちはちょっとしたことで泣くことも多かったが、今では泣くことはほとんどないんだとか。

私も子どもの頃、父親の転勤で幼稚園を2回かわっている経験があり、当時のとまどいをいまだによく覚えている。
みんなが当たり前のようにやっている、その園独自の挨拶の言いまわしとか、日直さんのお仕事内容だとか、お弁当を食べるときのルールだとか、何もわからないのが悲しくてくやしくて、私もよく泣いていた。
だから、けんちゃんはとてもよく頑張っていると思う。

「けんちゃんは数が好きですね」と言われた。
「それは・・・もしや『無量大数』のことですか?^^;」と聞き返したら
「そうそう、それです!お友達にも得意げに『無量大数』と言っていて、お友達はよくわからずにキョトンとしていることが多いんですけど、本人は楽しそうです」って(笑)
『にほんごであそぼ』のあの歌の影響です。
無量大数=ゼロがいーっぱいつく大きい数=すごい!と思っているけんちゃんは、何かってーとこの「無量大数」を使いたがる。
「ねえお母さん、このお砂場の砂の数は無量大数を超えているかなぁ?」とか。
「知るか!」と即答しそうになるのをこらえつつ「さぁ、どうだろうねぇ?」と曖昧な返事をしている。

ついでに言うと、けんちゃんにとっては「数が無限」というのがとても興味深いことらしい。
以前、数に終わりはあるのかと聞かれたから
「もし終わりの数があるとして、その『これ以上大きい数はないのでこれでおしまいです』っていう数字に1を足したらまた新しい数になっちゃうから、数に終わりはないんだよ」と話したら、それをとても不思議でおもしろいと感じたようだ。
けんちゃんは物の構造に興味を示したり理屈っぽいところもあるから、たぶん理系だろうなー。
かといって、その興味をどう発展させて伸ばしていってあげたらいいのかは、ド文系の私にはわからないままだけど^^;


あとはピアニカがヘタクソすぎる件についての話。
先生は「ヘタクソ」とは言わなかったけど、本当にどうしようもないほどヘタです(笑)
この幼稚園では、年少さんからピアニカを始めて年長さんはその集大成として難易度の高い合奏を披露するならわしなんだとか(いつ、どういう行事なのか知らないけど)
けんちゃんのピアニカ歴はまだ3ヶ月で、それでも何とか音符は読めるようになってきたんだけど、指の運びがね・・・(-_-;)
けんちゃんにとっては利き手と逆の右手で演奏っていうのもネックなのかも。
夏休み中に特訓します!と先生に宣言してみたものの、本当は全く自信がない。
でも、せめて曲の中でよく出てくる4小節のフレーズだけでもみんなと一緒に演奏できるようにさせてあげたいと思っている。


あとは、こちらから先生に就学相談を受ける予定であることを報告。
簡単に経緯と幼稚園経由でなくダイレクトに申し込んだことを説明し、
まだ教育委員会からの通知が何もないのだけど、こちらの希望通りなら8月下旬から9月上旬のうちに受けると思うということ、
もし教育委員会から幼稚園に対して、けんちゃんの普段の様子についての問い合わせがあったら、いいことも悪いこともありのままを報告してくださいとお願いしておいた。


最後に、24・25日にあったお泊まり保育の際にけんちゃんに飲ませてもらうお薬(アスピリン・ワーファリン・タナトリル)を先生に渡して、飲ませ方を簡単に説明した。
「大人と同じように口の中に粉をザーっと入れてお茶か水を飲ませてください」と。
このことがあったから、何が何でもワーファリンを元に戻したかったのです。
お友達の前で「おえーっ!」ってあの赤黒いワーファリンを吐きだしてしまったらかわいそうだから。

前々からこの個人面談のときにお泊まり保育用の心臓のお薬を渡す約束を先生としていたのだけど、前日に病院を受診したときは、病院の隣の調剤薬局はもちろんのこと、近隣の調剤薬局数件に問い合わせても、どこにも日新製薬のワルファリンK細粒の取り扱いをしておらず、自宅の近くの調剤薬局に「どうしても明日のお昼までに用意してほしい」と無理を言って急いでもらった。
これからも、エーザイではなく後発品のワーファリンを飲んでいる間はこの調剤薬局を利用することにした。
定期的に飲み続けるのなら在庫を置いておくから、今後は来てすぐは無理かもしれないが、当日中には用意できると思うと言ってもらえた。
ボトルキープならぬお薬キープね!?
けんちゃんのためだけに置いてもらうっていうのが、絶対ここを利用しなければ!というプレッシャー(?)になってしまったが、とてもありがたい。

話が脱線しまくりになったが、幼稚園の個人面談はこれで無事終了♪


そして迎えたお泊まり保育。
けんちゃんの性格からして、私がお泊まり保育について前もってあれこれ言うと逆に行くのを嫌がりそうな気がしたので、お兄ちゃん・お姉ちゃんにも緘口令を敷いて「特別なイベント」を感じさせないようにした。
本人も多くを語らなかったので、楽しみにしているのか不安に思っているのかすらわからないまま当日を迎えた。

天気はもちろん快晴!
集合場所は幼稚園だったのだけど、親は門まで。
そこで子どもを先生に引き渡したらすぐに帰ってください、バスのお見送りは逆にこどもたちを不安にさせてしまうので絶対にしないでください、と言われていた。
面談のときに先生に「もしかすると門でぐずぐず言いだすかもしれないので『じゃあお母さんに行って来るねってご挨拶して』とか促さず、有無を言わさずに連れて行ってください」とお願いしておいたから、先生もそれをきちんと実行してくれて「けんちゃーん、待ってたよ~!!さあ行こう!!」と高いテンションで、けんちゃんの手をひいて速足で連れて行ってくれた。
途中一回だけこちらを振り返ったけんちゃんだったけれど、その表情は「不安」ではなく「笑顔」だった。
なーんだ、案外あっさりしたものだったわね・・・と拍子抜けしつつ帰宅^^;

お泊まり保育の内容は、バスで水族館に行ったあと、またバスで宿泊施設に行き、夕食・キャンプファイヤー・入浴・就寝。
翌日は6時起床で朝の散歩のあと朝食、レクレーションをしてバスで幼稚園に帰るという日程。
1泊2日と言っても、1日目の集合が13時で2日目は12時前に到着だから実質離れていたのは23時間。
バスから降りてきたけんちゃんは、いつものニコニコ笑顔で、帰りの道中ずっと楽しかったことを話してくれた。
水族館でイルカショーを見たとか、夕食のカレーが美味しかったとか、みんなで芝生に座ってジュースを飲んだとか、お風呂が大きかったとか。
とても楽しめたらしい。
お薬も難なく飲めたようで一安心。

いい思い出になったね。
けんちゃん、お疲れ様でした♪




16 : 41 : 23 | 幼稚園 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
新しい幼稚園
2012 / 05 / 24 ( Thu )
年長さんから転入した幼稚園。
以前通っていた園とは正反対のマンモス園で、園児が500人もいる。
年長さんは5クラス。

けんちゃんは自宅から園まで15分ほどの道のりを毎日歩いて通っているが、それをご近所さんや園のママさんに話すと一様に「15分も歩くの!?しかも下の子連れて!!??」と驚かれる。
園バスのルートから外れているのかというとそうではなくて、自宅から20メートルほどのところに園バスのバス停がある。
そのバス停を利用している人に「何で歩いて行っているんですか?バスに乗ればいいのに」と言われたけれど、私に言わせれば逆に「なぜこの距離でバスに乗せるの?」と話は平行線(笑)

前の幼稚園も徒歩で通っていたからわざわざバス代を払ってまで乗せる必要はないだろうと思っている。
毎日園に足を運べば先生たちの顔を覚えられるし、こちらの顔も覚えてもらえるし、けんちゃんの幼稚園での様子もいろんな先生からちょこちょこ教えてもらえる。
循環を助ける筋肉ポンプも鍛えておきたいしね。
もちろん、無理させすぎない範囲で。

お天気の悪い日や暑い日は自家用車で送迎。
幼稚園専用の広い駐車場があって、どうぞ車で来てくださいという雰囲気だから、堂々と車で行けてとてもラク♪
前は幼稚園に駐車場がなかったから自動車での登園は禁止されていて、雨の日のけんちゃんはカッパ&傘&長靴、三男はベビーカーにレインカバー、私は片手に傘、もう片方の手でベビーカーを押す(翌日は必ず手首が痛む)という・・・今にして振り返るとあれは過酷だった(笑)

ただ、徒歩通園の子がとても少ないから一緒に帰るお友達も途中で寄り道して遊ぶお友達もいないから、けんちゃんはつまらないようで、帰り道の15分がとても長く感じるようだ。

マンモスであるだけでなく教育熱心な幼稚園であることも前の幼稚園とは違っていて、年長さんともなるとみんな文字の読み書きができ、ピアニカの演奏も上手なようで、その中でけんちゃんは相当な落ちこぼれであることは間違いないだろう^^;
ま、なんとかなるでしょ。
「今日の給食は何かな~♪」と、お昼の時間が一番の楽しみな模様(笑)

新しい幼稚園には引っ越してすぐ、けんちゃんを連れて挨拶に行った。
けんちゃんの病気のことはすでに電話で話して了承済みだったのだけれど、また自作の説明書を持参して園長先生と担任の先生に簡単に説明しておいた。

・先天性の心疾患で1歳半までに3度の手術を受け、胸の真ん中と右肩甲骨の下に手術痕があること
・アスピリンとワーファリンという血液をサラサラにする薬の影響で血が止まりにくいこと
・出血したときは長めに圧迫止血してほしいこと
・脚に青アザがたくさんできること
・運動制限はないので本人が走り回っているときに制止する必要はないこと
・前の幼稚園では健康なお友達と一緒にプールも運動会も参加したこと

など。
前の幼稚園に通った1年間、幼稚園生活を問題なくこなし、とても元気に通えたことが大きな自信となったから、あまり細かく神経質に説明せずに済んだ。

ひとつ困ったのが、担任の先生に
それで、つまり・・・根治しているってことですね?」と聞かれた時。
普段「フォンタンのどこが『根治』だよ!」と吠えている私だが、この時ばかりは使ってしまったよ、『根治』という言葉を。
ただし、担任の質問に対して「はい」とも「いいえ」とも言わずに「フォンタン手術は『機能的根治手術』と言われていて、この手術は無事成功しています」と答えたんだけどね^^;

フォンタンは根治なのか?
これに対して、転院先の主治医の I 医師が今日の外来で私の考え方に近いことを言ってくれたのでちょっと嬉しかった。
それについてはまた次回。

16 : 31 : 40 | 幼稚園 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top
参観日とインフルエンザワクチン接種
2011 / 11 / 11 ( Fri )
デジカメ買いました^^;

集団生活をはじめると、こういう膝のケガやアザは日常茶飯事

今回は、園庭で「マラソン」をしている最中にお友達と交錯して転びました^^;
年少~年長合同の縦割り保育でグループ分けして遊ぶ日が毎月1、2回ある。
「どろだんご」「工作」「トランポリン」「マラソン」「跳び箱」「とんかち」・・・などテーマがあって、自分で好きなテーマを選ぶことができるのだけど、けんちゃんがこれまでに選んだものは、トランポリン・跳び箱・マラソン。
体を動かすものばかり(笑)
ほんとに、どうしてこういう子に限って体を動かすのが好きなのかしらねぇ。

先日、この縦割り保育の日が参観日だった。
マラソンは、ただ狭い園庭をグルグル走るだけなのかと思っていたらそうではなかった。(お姉ちゃんのときはそうだった)
準備体操のあと、園庭の小さなトラック(1周30メートルぐらい?)を10周。
そのあと、紅白2チームにわかれてボール運び競争を2回
リレーを2回
最後にトラックを5周走って終了。
リレーではなぜかアンカーを任されたけんちゃん(笑)
遅いなりにとっても頑張っていたし、とっても楽しそうだった。

最初の10周を、ゆっくりとはいえノンストップで走り続けて大丈夫だろうか!?と内心ハラハラしながら見ていたが、全然平気な様子だった。
(フォンタンっ子は瞬発力のいる短距離走よりも、ゆっくり一定の速度で走るマラソンのほうが向いていると言われています)
転んだのは最後の5周のときだったのだけれど、泣かずにすぐに起き上がって走ることができた。

縦割り保育のあとそれぞれの教室に戻って、今度はフルーツバスケットとイス取りゲームをしている様子を見学。
けんちゃん、イス取りゲームでなんとっ! 2位になりました!!
ぽよんとしているように見えて実は負けず嫌いなので、その性格そのままに真剣にイスを狙っている様子がおかしくて、私はずっと笑いっぱなし。

お兄ちゃんやお姉ちゃんのときから考えても、見ていてこんなに楽しかった参観は初めてだったんじゃないだろうか!?
それは、私のけんちゃんに対する思い入れが特別だからかな?


そして、けんちゃんがお疲れのところ申し訳なかったが、降園後そのままおじいちゃん先生の小児科へ行ってインフルエンザワクチン接種(2回目)。
1回目は10月14日に受けた。
以前日記に書いたように、今年から小児のワクチン接種量が増えているから、副反応が強く出て赤く腫れあがったりしないだろうか?と心配していたが、けんちゃんも三男も大丈夫だった。

ここで私が財布を忘れるという大失態をやらかし、お会計の時にそれに気付いて平謝り(T_T)
ずっとかかりつけで顔なじみなので「次でいいですよ」と笑って許してもらえたが、もう穴があったら入りたいとはこのことだ。
子どもの頃、こういうことをやらかす母親を見るにつけ「こんなみっともない大人にはならないぞ」と誓っていたはずなのに、年々そんな母親に似てきている気が・・・(-_-;)
お姉ちゃんにも先日「お母さんってさー、いつも時間ぎりぎりでドタバタしてるし、忘れ物多いし、物をすぐ失くすし、なんて言うか・・・落ちこぼれだよね」と言われてしまった。ガーン!!
きっとお姉ちゃんは、かつての私と同様「こんな母親にはならないぞ」と思っているにちがいない(笑)

実は小児科での失態はこれでは終わらず、動揺のあまり、けんちゃんと三男の診察券と保険証を受付のカウンターに忘れたまま帰って来てしまった(-_-;)
それが水曜日のことで、本日木曜日は休診日、明日お金を持って取りに行ってきます。
やれやれ。もっとシャキっとしないと!



01 : 04 : 52 | 幼稚園 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
運動会
2011 / 10 / 17 ( Mon )
10月9日に幼稚園の運動会があった。

暑かったり寒かったりしないだろうか?途中でしんどくなったりしないだろうか?とあれこれ心配していたが、当日は暑くも寒くもない秋晴れのさわやかな陽気で、つくづく、この子はお天気に関しては本当に「持っている男」だと感心させられた(笑)

けんちゃんの出場競技は、かけっこ・玉入れ・お遊戯・親子大玉転がし。
朝9時から午後2時半まで、全てのプログラムにみんなと一緒に参加できた。
ただ、午前中のかなり早い段階からお腹がすいてしまったらしく、園児のお世話係をしていたママさんによると「あといくつでお弁当?」とプログラムの消化を指折り数えていたんだとか^^;

かけっこは男の子10人で走って、ビリから数えたほうが早い順位だったけれど、楽しそうに走っていた。
あとから「本気を出せばもっと速いんだけど、お友達と一緒だと遠慮しちゃうんだよねー」と言い訳していた(笑)

順位なんてどうだっていいのよ。
けんちゃんがとても楽しそうにしていたから、もうそれで十分。
感無量でございます。

お姉ちゃんがこの幼稚園に通っていたときは、けんちゃんはまだ酸素をしていた頃で、当たり前に元気に参加するお姉ちゃんとそのお友達の姿を見るにつけ「数年後けんちゃんも同じように運動会に参加できているだろうか?」と、なんともいえない気持ちになっていたけれど、あっというまにそのときが来たね。

けんちゃんは、不思議ととても体力のある子。
健康なお姉ちゃんでもへばっていたような運動会前の練習もへっちゃらで、連日の運動会練習のさなかでも幼稚園の帰りにさらに毎日公園で遊んでいたぐらいだし。
おそらくあのモーレツな食欲がそれを支えているのではないかと。
最近では、そんなけんちゃんに張り合って三男までもがものすごい量を食べるようになってきて、5キロのお米が1週間持つか持たないかになってきた。
お兄ちゃんが中学生になったら我が家はどうなるんだろう!?

00 : 55 : 52 | 幼稚園 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。