FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
ワーファリン手帳
2010 / 02 / 10 ( Wed )


存在は知っていたんだけれど、別にいらないやと思っていた「ワーファリン手帳」。
ワーファリンを飲むことになった患者さんに配る病院もあるようだけど、うちがお世話になっている病院はそうではない。

いまになって持っておこうと思いたった理由は、忙しいせいかそれとも歳のせいか、あるいはけんちゃんの調子がいいことで平和ボケしているのか、以前ならすらすら答えられた「今飲んでいるワーファリンの量」「凝固の値」「直近でその検査をした日付」がおぼつかなくなってきたから^^;
検査の値が書いてある紙はその都度もらえるし、このブログでも記しているけれど、やはり一括ですぐ確認できるようにしておいたほうがいいなと思って。

病院そばのいつもお世話になっている調剤薬局のカウンターに、「血圧手帳」とか「ぜんそく手帳」が置いてあって「ご自由にお持ち帰りください」となっているから、昨年12月の外来のときにワーファリン手帳はないのかと尋ねたら「いま在庫はないけれど、取り寄せることなら可能です」とのことだったのでお願いしていた。
で、先週の外来でお薬をもらいにうかがったときに受け取ってきた。

食材のビタミンK含有量や飲み合わせに注意が必要な薬の一覧表もついていて参考になる。
これならもっと早くもらってきちんと記録しておけばよかったなと反省。


ワーファリンといえば、いままでは錠剤しかなくて小児の少ない処方だとその錠剤を粉砕しなければならなかったのが、最近になって最初から粉状の「ワルファリンK細粒」が発売されたらしい。
それを受けて、けんちゃんが飲むワーファリンもこの細粒のほうになった。
以前自宅近くの調剤薬局にけんちゃんの薬の調剤ができるかどうかを聞いたときに「ワーファリンは錠剤を砕いてそれを分けないといけなくて、そういう調剤に不慣れだからすぐには出せない。最短で3時間後、混み具合によっては翌日のお渡しになるおそれも」と言われたことがある。
細粒のワーファリンが発売になったことで、近所の調剤薬局でももらいやすくなったかな?
スポンサーサイト
16 : 36 : 56 | お役立ちグッズ | トラックバック(0) | コメント(17) | page top
循環器内科外来
2010 / 02 / 02 ( Tue )
3歳5ヶ月(フォンタン手術後1年11ヶ月)
身長:92.2センチ(+1.1センチ)体重(着衣):12.9キロ(+650g)
サチュレーション:95%

2ヶ月ぶりの循環器内科の外来。
事前検査での心電図ではとってもおりこうにじっとできて頼もしい雰囲気を醸し出していたけんちゃん。
次のレントゲンでも技師さんに手をひかれながらひとりで撮影室に入って行ってあっという間に終了して出てきたからビックリ。
いつもは「さらわれる!」ぐらいの勢いでギャーギャー泣いて撮影にももっと時間がかかっているから^^;
だから「あれ?もう終わったんですか!?」って思わず技師さんに聞いてしまった。
撮影する前に逃げてきたのかと思っちゃった(笑)

けんちゃんの事前検査を終えたあと、私の母性内科受診。
相変わらず続く妊娠高血圧。
結局血圧計を購入して毎日朝・晩計測しているのだけど、今年に入って落ち着いた感じがしていた。
なのにっ!週末からひいた風邪の影響でここ数日上が130後半・下が90ぐらいの血圧が続いていてH医師に「ハイパーテンション(高血圧のこと)ぎみですね。これが続くと、もうお薬飲んだほうがいいなー」と言われてしまった。
どうしてこういうときに限って体調不良になってしまうんだろう・・・。
とりあえず今回は風邪をひいているからそのせいだろうということで様子見。
早く風邪を治すようにと。
寝不足だとか、忙しくて疲れているだとか、体調不良だとかで普段血圧が正常範囲の人でもたしかに血圧は上昇するものだけれど、私の場合はもとのベースが高めなことと、そういったことで簡単に高血圧の値に入ってしまうということは、もう薬を使うのも時間の問題らしい。
あとはそれをどれだけ遅らせることができるか。
「降圧剤って、一度飲み始めるとやめられないって言いません?」と聞いたら「それは血圧が下がる要素がないからよ」と言われた。なるほどそうか(笑)
一時的なものにせよ何にせよ、血圧が高いと確実に血管が痛むからそれを早く下げるようにしないといけないんですよと諭された。
もとのベースが高い私としては自分が高血圧であるという自覚があまりないのだけど、それが危険なんだよねぇ、たぶん。
糖尿病なんかと一緒で自覚症状がないからとほっといて、あとで取り返しがつかなくなるのも何だし、あーなんだか怖い。
今日はけんちゃんを連れていたから、H医師に「あら、この子が3番目の心臓の子?元気そうじゃない!」と言ってもらえた。

母性内科のあとけんちゃんの循環器内科外来。
主治医のY医師は毎回必ず最初にけんちゃんに向かって「けんちゃんこんにちは。げんき?」と話しかけてくれる。
どの程度受け答えできるようになったかの確認も兼ねているのだと思う。
しかし、今まで一度も返事をしたことがない(笑)
ここ1週間で急に言葉があふれるように出始めているけんちゃん。
日に日に言える単語が増えてきて、2語文も出るようになった。
「かっかん(お兄ちゃんのこと)は学校」「次は××駅」「こんなかんじ?」「手、洗う」「イカ美味しい」(笑)など。
だから、今日あたり初めてY医師にもごあいさつできるんじゃないかと期待していたが、いつものように恥ずかしそうにうつむいて、足をぶらぶらさせてY医師の足を蹴っているだけだった^^;

先日のなぞの紅斑について報告。
すでに斑は消えていたからY医師にどんなものだったのか見てもらうことはできなかったのだけれど、Y医師的には出血斑感染症によるものなんじゃないかと。
アスピリンとワーファリンを服用中だから、派手に転んだとか普段とはちがう大きなくしゃみをしたとか思い当たることがなくても、日常生活で硬いものに少しぶつかったとか兄弟と遊んでいて暴れているうちに皮下出血した可能性は大いにあるとのこと。
そうでなければ、発疹が出るタイプの感染症だったのかも、と。
ほかに症状がなくて発疹だけということもありますから」とY医師は言っていたけど、こういう症例を循環器専門医のY医師よりもはるかに数多く診てきたであろう街の小児科医であるおじいちゃん先生が「感染症ではない」と言い切ったのだから、感染症だった可能性はかなり低いのではないかと・・・。

薬疹
の可能性は?と聞いてみたが
いつも飲まない薬を飲んだ直後ならあり得るけど、けんちゃんはもう3年以上アスピリンとワーファリンを飲み続けているから、いまさら薬疹はないと思いますよ。
アスピリンもワーファリンも薬疹が出にくい薬ですし

とのこと。
(薬疹が出やすい薬とほとんど出ない薬があるらしい)

もしまた同じような紅斑が頻繁に出るようなことがあれば連絡するように言われた。

次に質問したのは、けんちゃんがお買い物の帰り道に疲れて歩かなくなる件について。
「お買い物の帰り道に疲れちゃって途中から歩きたがらなくなるんですが、顔色が悪かったり明らかに不調な様子でなければ、普通と同じく『ほら頑張れ!』と言って歩かせていいのか?」と聞いたら、
心配しなくていいですよ。それぐらい大丈夫」Y医師に笑われてしまった。
たしかにお母さんとしてはその見極めが難しいと思ってしまうだろうけど、炎天下を何時間も歩かせたとか、顔色が悪いとかじゃなければ大丈夫です。ごきょうだいと同じように接してあげてください。
けんちゃんは手術のたびに成長が一歩後退していて全般的に発達が遅れ気味だから、同じ月例の健康な子と比べると体力面でもかなり劣っているように思ってしまうかもしれないけど、これからけんちゃんもどんどん体力がついていきますよ。
そのためにも、あんまり甘やかさずにたくさん歩かせてください
」と。

けんちゃんの現在の状態は、心雑音もなく心肥大もなくフォンタン循環としては大変良好なんだとか。
そうよね、買い物ぐらいでへばってたんじゃ、幼稚園なんて通えないものね。
今年1年はいろいろ頑張らないと。
体力をつけて、言葉の発達もどんどん促して、来年の幼稚園入園にむけて準備していかないと。
徒歩で行ける一番近い幼稚園しか考えていないんだけど、面接試験があるのよね。
たしかお姉ちゃんのときは、親には志望動機となぜ2年保育にしたかという質問、本人には「お名前とお年は?」「丸い紙を小さい順に先生に渡してください」果物がいっぱい書いてある絵を見せられて「りんごはいくつ?みかんはいくつ?」折り紙を数枚並べて「好きな色は何色?」という内容だったと記憶している。
お姉ちゃんのときはどんなことを聞かれるか何をするのかも知らずに行って、うわっ本格的だ!と驚いたのだけど、お姉ちゃんは全て完璧に楽しそうに答えて見事合格となった。
というか、その年の年中入園希望者と募集人数がぴったり同じだったから全員合格だったんだけど(笑)
試験ができなかった=不合格っていうわけじゃないんだろうけど、それにお姉ちゃんが通っていた園だから、本来は優先的に入れてもらえるはずなんだけど、あまりイレギュラーを良しとしないお堅い園だから、病気や発達の遅れを理由に断られる可能性も大いにある。
「そこを何とかお願いします!」と頭を下げる気はないし(その態度がいけないのか?)
夏ぐらいになったら一度、幼稚園に病気の説明をしに行かないと。
そのときまでに自分の名前ぐらい言えるようにしておきたいんだけど、なんせ言葉が遅い上に極端な恥ずかしがり屋さんだからなぁ・・・^^;

けんちゃんと三男を連れて2科受診を終えて帰宅した後、遅い昼食を食べてすぐに今度は三男のBCG接種のためにおじいちゃん先生のところへ。
帰って来てすぐ今度はお姉ちゃんのピアノ。
お姉ちゃんのぎこちない演奏を聞きながら思わずうたた寝してしまった^^;
激しく疲れる1日だった。。。でも全て予定通りこなせてよかった。

三男のヒブワクチン確保に成功。
4週間後から三種混合と同時接種していく予定です♪


17 : 16 : 45 | 闘病&成長記録 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。