FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
幼稚園でのケガ
2011 / 04 / 27 ( Wed )
「ケガ」といってもたいしたことはないのだけど
ただお友達と一緒にサッカーをやっていて、ボールの取り合いで体同士がぶつかってお互い転んでしまったというもの(先生談)
けんちゃんはひざをすりむき、相手はひじをすりむいたらしい。

お迎えの時に担任から
「けんちゃんが出血したときの注意点は副園長から聞いていますので、今回はしっかり止血してから絆創膏を貼りました。頭は打っていません」との報告を受けた。

けんちゃんの病状説明の際に「血が止まりにくいので圧迫止血をしっかりしてください」と書いておいたのだけど、それをきちんと実践してくれたらしい。ありがたい。

幼稚園の制服はひざ上の半ズボンだし、保育中に着る体操服のズボンにいたっては太ももがしっかり出るぐらいの短さだから、幼稚園に通い始めてからけんちゃんの足は青あざだらけ^^;
「ワーファリンを飲んでいる子は、集団生活をするようになると足があざだらけになる」とは聞いていたが、ほんとにその通りだね(笑)

この打ち身による青あざに関しても事前に
「軽くぶつけただけで青あざができます。本人が気にしていなければ『ここどうしたの?』といちいち聞いたり、冷やしたりする必要はありません。
もしあざがどんどん大きく広がってきたり、体中に出現することがあれば連絡ください」
と説明してある。

足があざだらけになるぐらいたくさん遊んでいるんだね。
帰り道に「今日何して遊んだ?」とけんちゃんに聞くと
「サッカーやって、フラフープやって、ジャングルジムにのぼって、お砂場でも遊んだ!」と、いつも元気な答えが返ってくる。
お弁当も毎日きれいに食べてくる。
本人の話によれば、お友達もできたらしい。

朝お別れする時はまだ不安そうな顔をするけれど、楽しく過ごせている様子。

デニム地で作った電車と踏切の信号機のアップリケ
リアルすぎず、幼稚すぎず、こういうシックでシンプルな電車のアップリケが市販されいないか探したが全くなかったので、デザインから自分で作った。
当初はもっと小さいサイズでちょこんと付ける予定が、けんちゃんの「大きくして!」のリクエストにこたえてこの大きさに。
具体的な列車名は考えず、参考にした列車があったわけでもないのだけど、けんちゃんは「これは地下鉄?東急線?いや、横須賀線かな!?」とあれこれ推測していた(笑)

昨日から少し鼻水が出てきているから、GW中は欲張りすぎずにしっかり休養もさせないとっ!

スポンサーサイト
02 : 33 : 38 | 幼稚園 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
入園&三男ヘルニア手術
2011 / 04 / 18 ( Mon )

4月10日に無事、幼稚園の入園式を迎えた。
お姉ちゃんのお下がりのキツキツの帽子を、半分浮いた状態でかぶるけんちゃん(笑)
当日はもちろん快晴♪

最初の3日間は泣きながら先生に連れて行かれて、当分これが続くだろうと思っていたら、4日目から泣かなくなり、いまのところ「泣かない記録」更新中。
18日からはお弁当開始。
「幼稚園=お弁当」というぐらいにお弁当を楽しみにしていたけんちゃんだから、きれいに食べて帰ってきた。
けんちゃんは好き嫌いがほとんどなくて、米・パン・魚・肉・野菜・果物は何でも食べるから彩のよいお弁当が作れそうで私も楽しみ^^


三男のヘルニアの手術も無事終了。
入院の14日は幼稚園の懇談会まで重なってしまって、結局小学校・幼稚園全ての懇談会を欠席することに・・・。
夫には「なんでこんな日程で手術の予約入れたの」と責められたが、仕方なかったのよ。
体が小さすぎたり組織が柔らかすぎると腹腔鏡手術は適さないとのことで「4月以降(1歳半前後)でないとできない」と言われ、転勤の可能性も考慮して4月の一番早い日程で空いているところに予約を入れたんだもの。
もし転勤になったら、夫と上の子二人は新年度に合わせて先に行ってもらい、そっちはおばあちゃんに任せて、ヘルニアの手術が終わり次第追いかけるつもりだったし。

確かに、懇談会の日程とばっちりかぶってしまったのは誤算だったけどね^^;
幼稚園は翌週だと思っていたんだけどなぁ・・・
本当なら最初の懇談会の自己紹介でけんちゃんの病気のことや胸にキズがあることをちらっとみなさんにお話ししようと思っていたのだけれど、それができなかった。
もういいや(笑)


これはヘルニアの手術当日、麻酔から覚めた三男。
これまでいろんな人に「けんちゃんによく似てるねー!!」と言われてもいまいちピンときていなかった私だが、こういう状況の三男を見てはじめて「確かに似てるな」と思った。
けんちゃんがフォンタン手術を受けたのはちょうどいまの三男と同じぐらいの月例だったから、あの頃のけんちゃんを思い出して。
これが当時のけんちゃん。
うすい髪も、広いおでこも、まゆ毛や目のかたちもソックリ(笑)


あ、そうそう、いろんな写真を載せたついでに

人工芝買ったよー!



16 : 56 : 51 | 幼稚園 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
循環器内科外来日
2011 / 04 / 04 ( Mon )
4歳6ヶ月(フォンタン手術後3年)
身長:99.6センチ(+1.5センチ) 体重(着衣):14.4キロ(+0.1キロ)
サチュレーション:95%

3月29日に2ヶ月ぶりの循環器内科の外来に行ってきた。
計画停電の予定によっては車で行くのが怖いなーと思っていたが(信号が消えるため)、この日は全地域で実施されないことになり、お天気もよくて「けんちゃん、さっすが!」と思いながら病院へ。

毎日とっても元気なけんちゃん。
だから何もないだろうと思いつつ、こういう油断しているときに足元をすくわれるんだとも警戒して内心ビクビクしている私もいたりする^^;
そして、事前検査の心電図で、いつもよりやたらと長い時間とっていたから
「もしや気になる波形でもでているのか!?」と不安になり
技師さんに「あのー・・・いつもより長くかかっている気がするんですけど、何か気になる点でも?」と思わず質問。
「より正確にとれるように波形がきれいになるのを待っているだけですから」と言われたのだけど、それにしたっていつもの倍ぐらいの時間をかけていて、ついにけんちゃんも飽きてもぞもぞ動きはじめてしまうし、それで波形が乱れてさらに長くかかってしまった。

不安がぬぐえず、診察のときに主治医のY医師にも「心電図検査でやたらと時間をかけてとっていたんですけど、何かありましたか?」と質問した。
「大丈夫です。何もありませんよ。けんちゃんは右胸心で電極をつけかえないといけないから、長く感じただけなのでは?」と。
けんちゃんは心臓の傾きが通常を逆向きなため、心電図をとるときはまず、一般的な位置に電極を貼ってとったあと、電極の一部を右胸に貼り替えてとっている。
でもそれはいつものことだから、そのせいではないはず。
ただ技師さんが完璧主義だっただけかしら?
とりあえず何もなくてホッ。

「けんちゃん幼稚園楽しみだね」とY医師に声をかけられても無視を貫き通すけんちゃん(-_-;)
昨夏の守る会のキャンプではずいぶんと打ち解けてY医師に自らおしゃべりしていたのに、最近はまたこんなかんじ。
「楽しみなわけではないみたいです(笑)たぶん最初のうちは泣いちゃう」と私がかわりに答えておいた。

心臓のほうはとても落ち着いているから元気に幼稚園に通えるでしょう、と太鼓判を押してもらって診察終了。

次の予約は、幼稚園に通い始めるからということで、今までの2ヶ月おきではなく3ヶ月後!
すごい開くね~。
次回はエコーもやる予定。

「次に会うときは幼稚園の様子聞かせてね。特に初日のけんちゃんがどんな様子だったか知りたい!(笑)」とY医師。
楽しみにしておいてくださいませ。ぷぷっ。

というわけで、けんちゃんの入園式は10日。
小学校はもっと早くて5日から。
(「脱ゆとり教育」で年々授業時間数が増えている影響で、春休みが短すぎる!)
そして、三男のへルニアの手術が15日。
(小学校の懇談会とかさなってしまった・・・欠席したら役を引き受けたくなくて逃げたと思われそうだが仕方ない^^;)
忙しくなるわー。






01 : 39 : 46 | 闘病&成長記録 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。