FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
循環器内科外来日
2011 / 11 / 22 ( Tue )
5歳2ヶ月(フォンタン手術後3年8ヶ月)

身長:104.1センチ(+2.3) 体重:15.8キロ(着衣)(+0.8kg)
サチュレーション:93~94%


3ヶ月ぶりの循環器内科の外来日。
今日は採血なし♪

心電図やレントゲンがミョーにすいていたから、診察もすぐかと思いきや、そうでもなかった^^;
でも今日は、久々に再開するお友達と一緒だったから、待ち時間も苦にならず楽しかった。
Kくん&ママさんありがと~☆☆

心胸郭比(CTR)は40%
ここ最近はだいたいこれぐらいの数値。
成人では50%以下、小児では55%以下が正常値(心臓が肥大していないということ。心臓に負荷がかかっていると大きくなってしまう)とされているので、けんちゃん、本当にいい数値をキープしています。

心電図の所見も問題なし。
脈はじっとしていて90/分。
多脾症は徐脈を警戒しないといけないが、これだけの脈があればまだ徐脈傾向は出ていないといえるらしい。

何か気になることは?と聞かれたので
先日日記にも書いた、目の周りのむくみについて質問。

幼稚園の行事がたてこんでいたり、お友達とはげしく遊んだりして疲れがたまっていると、夕方目の周りがぽっこりむくむ。
でもそれは一時的なもので、夜寝る頃にはおさまっている。
気にしなくても大丈夫か?


フォンタンの子は、そういうことはあると思う。
今は元気に過ごしているとはいえ、健康な人よりも心臓に余力がない分、疲れが「むくみ」という形であらわれるのは、よくあること。
四六時中むくんでいるとか、むくみがひどい場合には利尿剤の服用を検討しなければならないが、お母さんの話しを聞いているとその必要は全くなさそう。


とのこと。
目の周りのむくみはやはり疲れがたまっているサインであると確認できたから、これが頻出するときにはペースダウンしてゆっくり休ませるようにしようと思う。


次に、永久歯への生えかわりについて。
下の前歯がちょっとグラグラしてきているのです。
お兄ちゃんもたしか、年中さんのときに最初の歯が抜けたと記憶している。
けんちゃんの同級生の中には、もう上の歯まで抜け始めている子もいるけれど、虫歯の心配などを考えると歯はゆっくりのほうがいいと思っているから、ちょっとイヤだなー。
で、聞きたいことは何かというと、ワーファリンや心内膜炎の絡み。

「自然な生えかわりは抗生剤の服用は不要」ということは心臓病の子どもを守る会の医療講演会でも聞いたことがあるし、先輩ママさんたちからも「何も飲まなかった」と聞いたことがあったけれど、念のために確認。
主治医のY医師からも
乳歯が自然に抜ける分には、何も必要ない」と言われた。


次に、カテーテル検査について。
フォンタン手術の後にうけたカテーテル検査のときに「次は小学校入学前ぐらいをメドにやる予定」と言われた記憶があるから、勝手に「2012年度中に絶対カテの予定」と思いこんでいたんだけど、それを確認してみたら
必ずしも小学校入学にあわせてやる必要はない」とのこと。
あらら、私の勘違いだったのね^^;

状態がとても安定しているから、もしやったとしても3年前のカテーテル検査と似たような数値になると思う。だから必要ない。
ただ、小学生のうちに一度はやっておきたいと思っている。
小学校入学にあわせて、カテーテル検査よりむしろ運動負荷テストを行いたいところだけど、けんちゃんの今の感じだと、ここ1年の間にやっても、ただの遊びになりそうかな^^;
小学2年生ぐらいになったらやりましょうか。


とのこと。
Y医師の前では何を質問されても返事すらしないけんちゃんだけれど、その通り、お調子者の性格だから運動負荷テストを真面目に受けることは当分無理だわー(笑)

そしてもうひとつ質問。
その3年前のカテで
「次のカテのときまで先生この病院にいらっしゃいますよね?」と質問したとき「う~ん、いないかも」と言われてショックだったことをまだ覚えていたから、またもや聞いてしまった。
「先生、まだ当分いますよね?」と。

Y医師は「どうしようかなー」って(-_-;)
もうね、今もコルセットつけながら頑張っているところだから^^;」と言いながら腰をさすったY医師。
以前この病院の循環器内科の要だったH医師も腰を悪くして辞めちゃったのよね、たしか・・・。
腰と相談しながら・・・ま、来年はまだいますよ」とのこと。

外来の間隔があいているから、次に来たときに受付で「Y先生はもういらっしゃらないので、別の先生になります」って言われたりしたらショックだろうな。
実際そういう話、よく聞くし。
これまで5年間、ずっと同じ先生にみてもらえているのはラッキーなことなんだろうな。
このままずーーっと、と願うのは欲張りかしらね。


次回の外来はまた3ヶ月後。
エコーの予定。




スポンサーサイト
16 : 47 : 27 | 闘病&成長記録 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
参観日とインフルエンザワクチン接種
2011 / 11 / 11 ( Fri )
デジカメ買いました^^;

集団生活をはじめると、こういう膝のケガやアザは日常茶飯事

今回は、園庭で「マラソン」をしている最中にお友達と交錯して転びました^^;
年少~年長合同の縦割り保育でグループ分けして遊ぶ日が毎月1、2回ある。
「どろだんご」「工作」「トランポリン」「マラソン」「跳び箱」「とんかち」・・・などテーマがあって、自分で好きなテーマを選ぶことができるのだけど、けんちゃんがこれまでに選んだものは、トランポリン・跳び箱・マラソン。
体を動かすものばかり(笑)
ほんとに、どうしてこういう子に限って体を動かすのが好きなのかしらねぇ。

先日、この縦割り保育の日が参観日だった。
マラソンは、ただ狭い園庭をグルグル走るだけなのかと思っていたらそうではなかった。(お姉ちゃんのときはそうだった)
準備体操のあと、園庭の小さなトラック(1周30メートルぐらい?)を10周。
そのあと、紅白2チームにわかれてボール運び競争を2回
リレーを2回
最後にトラックを5周走って終了。
リレーではなぜかアンカーを任されたけんちゃん(笑)
遅いなりにとっても頑張っていたし、とっても楽しそうだった。

最初の10周を、ゆっくりとはいえノンストップで走り続けて大丈夫だろうか!?と内心ハラハラしながら見ていたが、全然平気な様子だった。
(フォンタンっ子は瞬発力のいる短距離走よりも、ゆっくり一定の速度で走るマラソンのほうが向いていると言われています)
転んだのは最後の5周のときだったのだけれど、泣かずにすぐに起き上がって走ることができた。

縦割り保育のあとそれぞれの教室に戻って、今度はフルーツバスケットとイス取りゲームをしている様子を見学。
けんちゃん、イス取りゲームでなんとっ! 2位になりました!!
ぽよんとしているように見えて実は負けず嫌いなので、その性格そのままに真剣にイスを狙っている様子がおかしくて、私はずっと笑いっぱなし。

お兄ちゃんやお姉ちゃんのときから考えても、見ていてこんなに楽しかった参観は初めてだったんじゃないだろうか!?
それは、私のけんちゃんに対する思い入れが特別だからかな?


そして、けんちゃんがお疲れのところ申し訳なかったが、降園後そのままおじいちゃん先生の小児科へ行ってインフルエンザワクチン接種(2回目)。
1回目は10月14日に受けた。
以前日記に書いたように、今年から小児のワクチン接種量が増えているから、副反応が強く出て赤く腫れあがったりしないだろうか?と心配していたが、けんちゃんも三男も大丈夫だった。

ここで私が財布を忘れるという大失態をやらかし、お会計の時にそれに気付いて平謝り(T_T)
ずっとかかりつけで顔なじみなので「次でいいですよ」と笑って許してもらえたが、もう穴があったら入りたいとはこのことだ。
子どもの頃、こういうことをやらかす母親を見るにつけ「こんなみっともない大人にはならないぞ」と誓っていたはずなのに、年々そんな母親に似てきている気が・・・(-_-;)
お姉ちゃんにも先日「お母さんってさー、いつも時間ぎりぎりでドタバタしてるし、忘れ物多いし、物をすぐ失くすし、なんて言うか・・・落ちこぼれだよね」と言われてしまった。ガーン!!
きっとお姉ちゃんは、かつての私と同様「こんな母親にはならないぞ」と思っているにちがいない(笑)

実は小児科での失態はこれでは終わらず、動揺のあまり、けんちゃんと三男の診察券と保険証を受付のカウンターに忘れたまま帰って来てしまった(-_-;)
それが水曜日のことで、本日木曜日は休診日、明日お金を持って取りに行ってきます。
やれやれ。もっとシャキっとしないと!



01 : 04 : 52 | 幼稚園 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
寝るときの体勢
2011 / 11 / 01 ( Tue )

粗い画像で申し訳ありません・・・なんでしょう、この画像の線・・・
デジカメ壊れたかも(T_T)

おいもクッキーを焼いた。
今回は、

さつまいも(皮をむいて計量)200グラム
バター 70グラム
ホットケーキミックス 100グラム
砂糖 20グラム
コーヒーフレッシュ 2個
チョコレートチップ 適量

で作ってみた。
全部で80枚ぐらい焼いたと思う。

お夕飯を作りながらクッキーも焼いたからもう時間が遅くて、少し味見したら残りは明日のおやつ♪という計画だったのだけれど、「もうひとつだけ!」攻撃にあいどんどん数が減ってゆき、しょうがないもう全部食べてしまえー!!という結果に(笑)
おそるべし4人きょうだい。

このさつまいもは、けんちゃんが幼稚園のいも掘りで掘ったもの。
ふかしたり、天ぷらにしたり、煮込んだり、いろいろ使っているけれど、子どもたちに一番ウケがいいのはこの「おいもクッキー」
「これ、けんちゃんがこないだ掘ってきたおいもで作ったんだよ」と話したら、嬉しそうにしていた。

幼稚園はいま行事続き。
運動会・いも掘り・バザーがやっと終わり、今度は1ヶ月後のお遊戯会にむけての練習がスタートする。
幼稚園からの帰り道に公園で遊ぶのがすっかり日課になってしまったし、お互いの家を行き来するような仲良しのお友達もできて、夕方遅くまでお友達とはしゃぐことも。
延長保育も月に1度は参加している。

世界が広がってとっても充実して楽しそうなけんちゃんなんだけれど、ここんとこ目の周りのむくみが気になる。
上の粗い画像でもはっきりわかるでしょう?
目の下がぷっくりふくらんでいるのが。

毎日こうなるわけではないが、最近は頻度が増している。
疲れがたまっていることと、いま風邪気味で体調が下降中なことも原因のひとつかな。

そして、こういうときはきまって

このように、手を頭の下において頭を少し高くした体勢で寝ている。
あわせて膝も立てていることが多い。

それって、フォンタン手術後に頭と足を高くして血液の循環を助けていた「フォンタン体位」と一緒だよね。

フォンタン循環は抹消の血液循環が悪くなりがちだが、頭と足を高くして、横から見ると「く」の字になるような体勢をとるとその滞った血流をスムーズに心臓に流す手助けとなるらしい。
フォンタンっ子によくあると聞く頭痛の症状が出たときにも、この「フォンタン体位」をとると痛みが軽減されるんだとか。

フォンタンっ子は寝るときに自然とこういう体勢をとって自分の体をラクにしていると聞いたことがあるけれど、けんちゃんもやるようになってきたなぁ。

これが彼にとって一番ラクな姿勢で、それを誰から教えられるわけでもなく自然とやっちゃうっていうのが、おもしろいというか何というか。。。

体力自慢のけんちゃんだけれど、さすがにしんどいのかな。
たしか、お姉ちゃんが幼稚園のときは、もっとの~んびり過ごしていたし。
心疾患なのに健康な子よりもハードに過ごしているんだものね^^;
本人は特に不快症状はないようだけど(足の痛みも訴えていないし)、ここいらで一度ペースダウンしたほうがいいのかしら。


16 : 52 : 24 | 闘病&成長記録 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。