FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
身体障害者の再認定&自動車税関係
2012 / 08 / 22 ( Wed )
6月に診断書などの書類を区役所の担当窓口に提出し審査中だった身体障害者の再認定の結果通知が7月に届いた。
診断書の通り、1級に認定するとのこと。今後は再認定も不要。

前の手帳と引き換えに新しい手帳をもらい、手帳の番号も今住んでいる自治体の番号に変わった。
手帳の写真は、幼稚園の制服を着てにっこり笑っているものをチョイス。
再認定不要ということは・・・大人になっても、ハゲても(けんちゃんはたぶん将来ハゲると思う)この写真のまんまか!?

心臓機能障害の1級と3級で何が違うかというと、自治体にもよるとは思うが、一番大きいのは医療費が無料になる医療証の有無。
今の自治体は小学校入学までの子どもは全員、通院・入院ともに無料なので、あと半年ほどはその乳児医療証を使用し、就学の頃になったら「重度障害者医療証」を受け取りに行かなくてはならない。
あとは、税額控除の額が違う。

この新しい手帳を受け取ったのが通知を受け取ってすぐの7月末。
その後、長い帰省を終えて帰宅したあと、先週、今度は県税事務所で自動車税の減免手続をした。
4月にも一度手続をしていたのだけど、再認定で等級や手帳番号が変わったらまた手続に来るようにと言われていたから。
その変更手続き自体はスムーズに終わったが、ひとつ問題が発生。
自動車税の減免手続は、車の登録ナンバーをこちらの管轄のものに変更しておかなければならず、いろんな手続のついでにと思って引っ越してすぐにナンバーを変更しておいたのだけれど、このせいで逆に面倒なことになってしまった。

というのも、来月車検を控えているのです。
車検には「納税証明書」が必要なのだけど、以前からずっと自動車税を免除されていた我が家は、けんちゃんが認定を受けて以来、自動車税の納付書が届くことがなく、納税証明書が手元にない状況なのだ。
(※都道府県によっては、身体障害者認定を受けているだけでは自動車税の減免をうけられないところもあります)
そういうときはどうするかと言うと、管轄の県税事務所に行って手帳と車検証を見せて納税証明書の使用目的を説明し、納税証明書を発行してもらえばいい。
これは昨年、車検証の名義変更手続きをしたときに経験済み。

で、今回何が面倒かというと、4月1日時点ではまだ車の登録が前住んでいたところだったから、こちらの県税事務所で納税証明書を発行することはできない、前の県税事務所から郵送してもらってくださいと言われてしまったこと。
ま、そりゃそうなんだけど、もう手帳の番号も車のナンバーも変わってしまったのに、前の県税事務所に手帳のコピーや車検証のコピーを請求されたらどうすんの?という話。
それを質問しても、窓口の係員も「???」状態^^;
「とりあえず・・・まずは、前の県税事務所に問い合わせて相談してみてください」と。

4月に手続したときにとった手帳のコピーを見せてくれと係員にお願いして、とりあえず前の手帳番号と車の前のナンバーをメモ。
もし手帳のコピーがどうしても必要と言われたら、まず区役所に電話して前の手帳をまだ保管しているかどうかを聞いて(ああいうのって、保存しているもの?それとも即廃棄?)、万が一「もう捨てた」と言われたら、こっちの県税事務所にお願いして、見せてもらった前の手帳のコピーをコピーさせてもらうしかない!
もしコピーさせてもらえなかったら、じゃあどうしてくれるんだ!とキレるしかない!(笑)
ああ、なんてややこしいんだ。なんで引っ越した年に再認定や車検があるんだろうと呪わしく思いながら帰宅。

帰宅後、前のナンバーの車検証のコピーを保管しているかの大捜索を開始し、汗だくになりながら無事発見!これで不安の半分は解消。
前の手帳のコピーは残念ながらなかった。
その後、前の県税事務所に電話をしてこの複雑な事情を話すと、前のナンバーの車検証のコピーがあるならとりあえずOK。
手帳の番号は、納税証明書を依頼する手紙に書いてくれればそれでいいとのことで、旧車検証のコピーと改めてこの事情を説明した手書きのお手紙と返信用封筒を入れて郵送で依頼した。

なんでいちいちややこしい話になってしまうんだろう、私は。
こういった、窓口の担当者すら困惑するようなイレギュラーな手続にどんどん詳しくなっているような気がする^^;
スポンサーサイト
01 : 20 : 26 | 医療費・助成制度 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。