FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
静心なく花の散るらむ
2014 / 04 / 08 ( Tue )
春休みから地元のかるた会に入会して競技かるたを始めました。
誰がって、けんちゃんが(笑)

きっかけは、お兄ちゃんの冬休みの宿題。
国語で「百人一首をすべておぼえること」という課題が出ていて、スムーズに楽しく覚えられるようにと、トイレに一覧を貼ったり、毎晩寝る前にきょうだいで百人一首大会&ぼうずめくり大会を開催したり、マンガ「ちはやふる」を買ったりと、親としてできる限りの手助けをしてあげていたら、百首すべてを真っ先に覚えたのは兄でも姉でもなく、けんちゃんだったという・・・

3学期が始まって、お兄ちゃんも無事百人一首テストで合格点をとり、学校で開催された百人一首大会でも学年6位の好成績をおさめたのだが、それで完結はせず、おまけにタイミングよくCSの日テレプラスでアニメ「ちはやふる」の再放送まで始ったものだから、我が家の「かるた熱」は益々ヒートアップ。
4歳の末っ子までもが、意味もわからないまま音だけで「ちはやぶる かみよもきかず・・・」と、そらんじるようになってきて、夫が「うちはかるた道場か!?」とあきれるぐらい、ここ3ヶ月間かるた一色なのです。

そんなに好きなら本格的にやらせてみようかと、余裕のある春休み中に自宅から一番近い(といっても電車で30分)かるた会へ。
先生がとっても厳しい人で、お行儀の悪い我が家の子どもたちは「膝を立てるな」(畳の上では体育座りも禁止!)「札を数えるときに音立てるな」「大きな声で返事しろ」などさんざん叱られたから、「もう行きたくない」と言うだろうと思っていたのだけれど、私のその予想に反し「それでもやりたい」とのことで、お姉ちゃんとけんちゃんが入会することになった。

百人一首の中でけんちゃんが愛してやまない札が、
「ひさかたの光のどけき春の日に 静心なく花の散るらむ」と
「心あてに折らばや折らむ初霜の 置きまどはせる白菊の花」 の二首。
顔に似合わず美しいものが好きな、けんちゃんらしいチョイス。
相手に取られたら泣いてくやしがります(笑)

いつまで続くかはわからないけど、始めたからには頑張ってほしい。


☆☆☆
ところでみんさんのご家庭では、ぼうずめくりをするとき「蝉丸」は坊主扱いですか?
私が子どもの頃は、ただの坊主として扱っていたけれど、坊主とみなさないルールや、「蝉丸ルール」という特別なイベントが発生するジョーカー的な扱いをするルールがあるということを知り、おもしろいなぁと思っているところです。

スポンサーサイト
14 : 44 : 08 | 闘病&成長記録 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。