FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
お義母さんのこと
2018 / 07 / 30 ( Mon )
暑いですねー みなさん体調崩されたリしていませんか?
けんちゃんは元気ですw

さて、前回予告していた、お義母さんのこと
結局、本人やお義父さんがどこまで本当のことを知っていたのか?知っていてこちらには黙っていたのか?わからないまま。

持病の定期検査でたまたま胃がんがみつかったんだけど、自覚症状も全くないごく初期のようだから、とりあえず抗がん剤治療と放射線治療を受けてみて、それでダメだったら手術も視野に、、、
という話を本人から聞いたのが、2年前の1月のこと
「持病」というのは、そのさらに1年前に発症した自己免疫疾患の血管炎で、その病気がネックで病院が即手術を嫌がっているとかなんとか言っていたのだけれど、ごく初期ならば胃カメラ?とかで取れちゃうんじゃないの?それをした上での放射線治療ってこと?とか、あれこれハテナマークが浮かんでいた。
ただ、嫁という立場から、しかもそばにいるわけでもないし、あまり私があれこれ口出ししないほうがいいんだろうなぁと思って黙っていた。

そしてそれから2ヶ月後の4月下旬、我が家は長男の高校入学と末っ子の小学校入学が重なり、いろいろとバタバタしていたとき
「入学のお祝いとお菓子送ったから。あさってからまた入院して、3回目の抗がん剤治療うけてくるわね。夏休みには遊びに来てね」という電話をお義母さんからもらった。
声が元気な様子だったから、まさかその数日後に亡くなるだなんて思いもせずに、入学式の写真送りますねーと約束して電話を切った。

お義母さんが入院した日の夜から、連日お義父さんから電話がくるようになって、応対したダンナさんの話をまとめると、どうも今回の抗がん剤が合わないようで、吐きまくっててすごくつらそうだとのこと。
ダンナさんは、そういう話はちゃんと医者に、薬を変更したり一旦やめることはできないのか聞けと言っていたのだけれど、古い人なせいかそういうことを言えないらしく「腹をくくって先生に任せてるから」みたいなことをお義父さんはいっていたらしい。
こりゃゴールデンウィークに一度行って、直接主治医に話きいたほうがよさそうだね、と言っていた矢先、危篤の一報が、、
そして、その日の深夜、お義母さんはあっけなくいってしまった

あとからダンナさんがうけた説明によると
直接の死因は、吐しゃ物が気管に詰まったことによる窒息(なんだそりゃー!)
でも、胃がんが致死率の高い進行性がん(スキルス性)だったため、副作用の強い薬を使うしかなく、治療をやめられなかったのも致し方なかった
という説明だったらしい

はぁ?スキルスとか聞いてないけど?
私たちが本人から聞いていた話と全くちがうじゃん
最初からそう知っていれば、治療の邪魔になるからーとか、夏休みに会えるからーとかのんびりしたことを言わずに春休みに子供たちみんな連れて会いに行ったのに!
入学式の写真だって、もっと早く送ればよかった><
電話であんなに元気な声だったんだもの。あの入院がなければ、たとえ進行のはやいがんだとしても、数日中に亡くなることなんてなかったでしょ。しかも、相当くるしい思いをしながら亡くなるだなんて><

ダンナさんもダンナさんで、家では大きなことを言うくせに、医者を前にすると何も言わない人だから、、、だからあの病院に任せておくのはイヤだったんだとか、病院に復讐してやりたいー!とか私には言っていたけど、いやいやいや、そうじゃないでしょ
その説明のときに、その病名を本人と家族は知っていたのか?病気と治療のことをきちんと説明していたのか?ってなぜ聞かなかったのよ。
もう一度、私も一緒に納得いくまで話を聞こうと提案したけれど、もういい、もうあいつらと話もしたくないの一点張り。
結局いまでも、私にとってはわからないことだらけで後悔ばかりがつのっています。。。












スポンサーサイト
14 : 11 : 03 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。