FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
輸血と予防接種に関する覚書
2007 / 05 / 23 ( Wed )
グレン手術から5ヶ月たち、一般の予防接種がようやく解禁♪

当初は「輸血しているので術後6ヶ月間は予防接種禁止」と言われていた。

輸血を受けているとなぜダメなのか?
それは、免疫がつきにくいから。
なぜつきにくいのか?
献血をしてくれた人の血液の中に抗体が含まれている可能性が高く、それを輸血するので予防接種でウイルスを植えつけようとしても、その微量の抗体がウイルスをやっつけてしまい、きちんとした抗体がつくられない可能性があるため。
このサイトの説明がわかりやすいかも。
http://www.mcfh.or.jp/netsoudan/article.php?id=363

で、話を元に戻して、
「6ヶ月禁止!」と言われていたのに、近所の小児科用に主治医のY医師に書いてもらった紹介状には「5月から予防接種OK」と書いてあった。
5月~ということは、まだ術後5ヶ月。
先生、うっかり間違えてる?そんなはずないよね・・・
ということで、4月の外来のときに再確認してみた。

すると
「一般的に輸血後3~6ヶ月は予防接種しないほうがいいと言われていて、絶対6ヶ月の間をおかないといけないってわけでもないんです。
あとは、輸血した量とか術後の経過とか回復度合いをみながら個別に判断するかんじですね。
けんちゃんはもう来月から受けて大丈夫ですよ。
あまり待っているとまた次のオペにかかってしまうから、元気なうちにやっちゃってください」
とのこと。
というわけで、めでたく予防接種解禁となりました♪ 

ちなみに、BCGは生後6ヶ月未満で受けるものだけれど、けんちゃんは余裕で6ヶ月超えてます^^;
もしかしたら自費になっちゃうのかな~?と保健センターに確認したところ、
「1歳未満であれば救済措置として無料で集団接種できます」とのこと。
予約制になっていて、問診表は6ヶ月未満の子とは別のものに記入。
5月21日、生後8ヶ月で受けることができた。
うちの自治体では必要なかったが、なぜ6ヶ月までに受けられなかったかを医師に一筆書いてもらう必要がある自治体もあるらしい。

もうひとつ、RSウイルスを予防するシナジスはウイルスではなく抗体そのものを注射するため、輸血にかかわらず接種可能。
(RSウイルスとシナジスに関する説明はこちら→click!
スポンサーサイト
10 : 34 : 41 | 闘病&成長記録 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<外来日 | ホーム | 離乳食と体重>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hanae7.blog.fc2.com/tb.php/113-115238a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。