FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
乳び胸に関すること
2008 / 03 / 30 ( Sun )
乳び胸に関する覚書

【乳び胸(にゅうびきょう:chylothorax)とは】
リンパ管から「乳び」が漏れ出して胸水として胸腔にたまってしまう症状のこと。
胸水は健康な人の胸腔にもある程度の量が存在して肺の潤滑油のような働きをしている。
通常の胸水は胸膜に吸収されるが、脂肪分を多く含んだ「乳び」は吸収されにくいため、どんどんたまってしまうこととなる。
胸水が白っぽく濁ると「乳び胸」と診断される。
肺や心臓のまわりに胸水がたまりすぎると、圧迫されて呼吸が苦しくなり、心臓の動きも鈍ってしまう。
開胸手術に伴って発症する場合、術後2~10日に発症する例が多く、特に食事を再開したあとに乳び胸水が急増する。

【原因】
リンパ管の疾患
事故や開胸手術でリンパ管が傷ついた場合
心疾患や肺の疾患により静脈圧が高くなった場合
先天性のもの、その他様々な病気の合併症として起こる

【治療方法】
保存的治療→ドレーンでたまっている胸水を出しながら、脂肪分を極力摂らないように「MCT食」を食べる(乳児なら「MCTミルク」)
それで効果がなかった場合や悪化していく場合には、胸膜癒着(胸腔内に薬を投与し漏出箇所を閉鎖しかつ胸膜をわざと癒着させて水のたまる場所をなくす方法)を行う。
保存的治療で効果がなかった場合、栄養状態が悪化した場合、発症早期から大量の胸水を認めた場合には外科的治療を行う→開胸して胸水を取り除き、漏出箇所を結さつする

(※「乳び胸」のキーワードで調べると、わんちゃんの病気としてたくさんヒットするのだけど、この記事は「人間」の場合の話です。)

【MCTとは】
MCTは「中鎖脂肪酸トリグリセリド:Middle Chain Triglyceride 」のこと。
一般的な食品に多く含まれている脂質は「LCT(Long Chain Triglyceride )」という、炭素数が14~18個以上の脂肪酸。
これに対して、炭素数が8~12個のものを「中鎖脂肪酸」といい、MCTはLCTに比べて炭素数が少ない分、分解速度が速く、LCTの4倍のスピードで吸収されると言われている。

LCTが吸収される仕組みは、
小腸→乳び管→リンパ管→胸管→門脈→肝臓 と経由していくが、
MCTは小腸から直接 門脈→肝臓へと行くため、リンパ管を経由せず、よって乳びが胸腔に漏出するのを防ぐ効果がある。

【MCTミルクとは】
MCTを主たる脂肪成分としている特殊組成されたミルク。
リノール酸とα-リノレン酸をバランスよく配合・ビタミン類を適正に強化・タウリンを強化・銅、亜鉛を強化・浸透圧を適正に調整している。
(かなり味気ないミルクらしく、けんちゃんは飲むのを拒否した^^;)

【MCT食とは】
脂肪含有量の少ない食材を、油を使わずに調理した食事。
基本的には、煮る・焼く・蒸すなどで、油で炒めたり揚げたりするのは禁止。
焼く場合はテフロン加工されたフライパン等を使用するなどして油は使わないこと。
具体的な献立としては、ごはん・焼き魚・味噌汁・野菜の煮物・果物といった具合に、和食中心の献立となる。

魚の中にも、さば・さんま・金目鯛など脂肪分を多く含む魚があるので注意。
肉類を食べたい場合には、鶏のささみ・皮を取り除いた鶏むね肉・豚ヒレ肉を選ぶようにする(調理はもちろん油の使用禁止)
豆腐は脂肪が多く、絹ごし豆腐は100gあたり3g、木綿豆腐は100gあたり4.2gの脂質が含まれているので食べ過ぎに注意。
豆腐を選ぶ際は、木綿豆腐ではなく絹ごし豆腐を選ぶようにする。
野菜・果物はたいていのものは大丈夫だが、アボカドは禁止(100gあたり18.7g!)
加工品を購入する場合は、成分表示をよく確認すること。

けんちゃんの場合(1歳6ヶ月・体重7500g)、病院で食べていたMCT食の献立明細(栄養士さんからもらった)を見ると、食事を全て食べきったとして1日の脂質摂取量の合計が5~7gで調整してあった。
自宅でもこれぐらいの量を目安に食材・調理方法を工夫しながら食事をしていくこととなる。

けんちゃんは白身魚が大好きで、実は病院に入院するまで肉類はほとんど食べさせたことがない。
だから、これからもそのお魚中心の食事を心がけていけばそんなに苦労はしないかなと思っている(献立はワンパターンになりそうだけど^^;)。
これがもし、お兄ちゃんだったりしたらとんでもないことになっていただろう。
なんせ、うちのお兄ちゃんは「あんたの前世は絶対外国人ね」というぐらい、バター大好き・パン大好き・お肉大好き・マヨネーズ大好き!なのだ(でも、うらやましいぐらい痩せている)。
けんちゃんの場合、MCTミルクを無理矢理飲まさなくても、もうミルクを卒業していい月齢だったこと・まだ油コテコテの美味しい食事の味を知らなかったことが幸いした。

和食中心でがんばります。
何か創意工夫をこらしたメニューを作ったときには、紹介していきたいと思っています♪

☆☆MCT食の紹介は、「MCT食」のカテゴリーにまとめてあります☆☆
こちら! → http://hanae7.blog.fc2.com/blog-category-15.html

☆☆けんちゃんの乳び胸の経過☆☆
フォンタン手術後
術後3日目に発症→食事がMCT食に
術後6日目から絶飲食(胸水の改善が見られないため)
8日間の絶飲食を経て、術後14日目からMCT食再開
術後20日目に胸水が消える
術後23日目に退院→自宅でMCT食を続ける
術後6週間で普通食解禁
普通食を1週間食べても胸水の貯留がみられなかったので、乳び胸完治の診断♪
スポンサーサイト
01 : 25 : 15 | MCT食 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
<<外来日 | ホーム | フォンタン手術のお会計>>
コメント
--中川さま--

メールを送りました。
もしなかなか届かない場合は、「迷惑メール」フォルダのほうに入っているかもしれませんので確認してみてください。
by: てん * 2009/04/08 22:23 * URL [ 編集 ] | page top
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2009/12/17 21:26 * [ 編集 ] | page top
--MCTミルク--

乳び胸になり、MCTミルクを購入しました!とても、高い!ビックリしました。ネットとかで安い物を探しましたがどれも正規の値段と変わりなかったので、病院から紹介された明治乳業の“明治MCTフォーミュラ”に決めました。看護婦さんに、細かく必要な分を計算してもらい6缶にしました。1缶350g 税込み3675円なので。。。かなりの出費でした。今更ですが、もっと安く購入出来たりしたらショックです。電話で申し込みをした時、“病院からの紹介ですか?”“はい”となにか書類でも催促されるのか?と思いきやそれだけであとはすんなり買えました。その質問が何だったのかは不明です。MCTミルクはお湯を入れるだけで、MCT食から比べると簡単ですが高い!です。乳び胸よ早く完治してくれよ。と願うばかりです。
by: ケンタ * 2013/02/10 16:36 * URL [ 編集 ] | page top
--ケンタさんへ--

うわー、MCTミルクってそんなお値段なんですか!?
お高いですねー(>_<)
早く脂肪解禁になりますように☆
by: てん * 2013/02/11 23:52 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hanae7.blog.fc2.com/tb.php/215-744ac761
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。