FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
チアノーゼに関すること
2008 / 04 / 08 ( Tue )
今更だけど、チアノーゼについて。
なんだか普通に「チアノーゼ」という言葉を使っていて、チアノーゼとは、酸素飽和度(サチュレーション)が低くて唇とか皮膚が青紫色っぽく見えることでしょ、と思っていたんだけど、じゃあ、どの程度で「チアノーゼ」と診断されるのか、その定義は?と今日ふと思ったから^^;

今日のお天気はそりゃもう「台風か!?」というほど雨風がひどくて、朝8時に大雨警報も出ていたんだけど、幼稚園休園の連絡は来ず。
フォンタン前だったら確実に自習休園しているところだったんだけど、もうフォンタン終わったし、新学期早々だしねぇ。
新しい担任の先生にまだけんちゃんの病気や今の状態について詳しいこと、何も説明していないし。
(一応、ありがたいことに、昨年度の担任がけんちゃんのことも含めて申し送りしておいてくれたらしいけど)
しょうがねぇ、行くか・・・と覚悟を決めて、でもベビーカー&レインカバーじゃ無理っぽい雰囲気だったから(大雨だったり斜め降りだったりすると空気孔から雨が入るのです)けんちゃんをスリングで抱っこして、ママコートですっぽり覆って出発。
酸素ボンベは重たいからナシ!(だって、相変わらず酸素業者が巨大ボンベばかりを持ってくるんだもの。まったく気が利かないったら・・・)

というわけで、酸素をつけないまま幼稚園を往復して、途中コンビににも寄ったりして、酸素を外していた時間が約40分。
帰宅してから自宅にある「パルスオキシメーター」ではかってみたら、サチュレーション90~93%・脈113・顔色もいいし、問題なさそうだった。
もともと入浴中は外してもいいという許可をもらってるしね。
少々の時間、外していたからといってすぐ命にかかわることはないのです。

同じパルスオキシメーターで計測したとき、酸素を毎分0.5リットル使っている状態でのサチュレーションは92~94%。
なんだかあまり差がないんだけど、今すぐ酸素を卒業するのは困難なんだろうか?
このちょこっとの差が実はものすごく大事なんだろうか?
たとえば、93%あればチアノーゼではないけど92%はチアノーゼとか、そんな線引きがあるんだろうか?
そもそもチアノーゼの定義は!?
ま、そんな理由で、前置きが長くなったけど、チアノーゼについて、改めて勉強してみた。

【チアノーゼとその原因】
チアノーゼとは、皮膚や粘膜が青紫色に変色すること。
血液中の酸素と結合していない「還元ヘモグロビン」が5g/dlを超えると症状として現れる。

唇や舌などの体の温かい部位のチアノーゼは動脈の酸素不足によって起こる症状で「中心性チアノーゼ」という。
これに対し、爪や耳たぶなどの冷たい部位のチアノーゼは血液循環が悪くなることによって静脈の酸素不足により起こる症状で「末梢性チアノーゼ」という。

原因は、心疾患・呼吸器系の疾患・てんかんや痙攣・窒息などにより酸素不足に陥っているためだったり、ヘモグロビンの異常だったり、一般的に健康な人によくあるのは単に薄着しすぎて冷えて寒かったり、水温の低いプールに入ったりしたことで抹消の血管が一時的に収縮するために起こる。


【サチュレーションとの関係】
健康な人の場合だと、サチュレーション(血中酸素飽和度)の正常値は97%前後(文献などによって正常値がビミョーに異なる。95%以上とか94%以上とか・・・)90%を下回るとかなりしんどくなり、80~85%でチアノーゼ発作(一時的に意識を失ったり、意識混濁すること)を起こす可能性が高くなる。
じゃあ、けんちゃんのようにサチュレーションが常に80%台だった子はチアノーゼ発作を頻繁に起こしていたのかというと、そんな発作を起こしたことはない。
慢性的にチアノーゼの子は体がうまくそれに順応していて、血中のヘモグロビンの量を増やし(=多血症)効率よく酸素を運ぶようにしている。
そうやって体がチアノーゼに良くも悪くも馴染んでいるために、サチュレーションが80%を切っても意識混濁なんてことにはならないのだ。
なんせ、39%でも大丈夫だったぐらいだし^^;
それと、まだ活発に動き回る年齢ではなかったというのも大きいと思う。
(ただし、心疾患の中にはチアノーゼ発作を起こしやすいタイプの病気もあるらしい)

ついでに言うと、慢性的な貧血の人はチアノーゼが出にくい。
上記のように、通常は還元ヘモグロビンが5g/dlを超えるとチアノーゼが出現するわけだが、慢性的な貧血の場合は、もともとヘモグロビン濃度が低いために還元ヘモグロビンの量がチアノーゼとしてわかるほどの絶対量になりにくいから。
これもやっぱり、良くも悪くも体がそれに順応しちゃってるってことなんだろうね、たぶん。

ある資料によると、健康で貧血の値も正常な人の場合、サチュレーションが81%以下になるとチアノーゼが出現するらしい。
これが多血症の場合だと、サチュレーション85%以下でチアノーゼが出現、貧血の場合だと75%以下でチアノーゼが出現するらしい。
けんちゃんのように、多血症でしかも貧血だとどうなるんだ?
サチュレーションが低めでもチアノーゼが出にくかった理由はこのあたりにあるんだろうか?

【チアノーゼ発作に関して】
月齢の低い赤ちゃんの場合は、長時間大きな声で泣き続けることでチアノーゼ発作が起きることがある。
意識混濁とまではいかなくても、呼吸が苦しそうになる軽度の発作では、手足を丸めて体を屈曲させた状態で抱っこしてあげるだけで改善するらしい。
本格的な発作のときにはただちに病院へ連絡しましょう。

【慢性的なチアノーゼが体に与える影響】
・過粘稠度症候群(かねんちょうどしょうこうぐん)
・胆石
・尿酸代謝異常
・腎合併症
・コレステロール代謝異常
・四肢の異常(バチ指)
(各項目の詳細についてはこちら→click!

サチュレーションが90%以上あれば、チアノーゼの合併症を心配する必要はないと聞いたことがある。
フォンタン手術の目的はチアノーゼをなくすこと。
フォンタン手術の時期について、早いほうがいいという考え方と3歳ぐらいまで待ったほうがいいという考え方があるらしく、それはどっちのほうが正しいとかいうレベルの話ではもちろんないのだけれど、けんちゃんの病院が早めにフォンタン手術をする方針なのは、執刀医のA医師の「チアノーゼが全身に与える影響を考えると、早めにチアノーゼをとってあげたほうがいい」という考えがもとになっていると聞いた。

けんちゃんの手。

「バチ指」「バチ状指」「太鼓バチ指」はその名のとおり、指先が太鼓のバチのように肥大して爪が丸くなる症状。
チアノーゼが出現して6ヶ月が経過すると徐々に現れてくると言われているけれど、けんちゃんの手もそうなんだろうか?
たしかに爪は丸っこいけれど、うちのお姉ちゃんもどちらかというとこんなかんじの爪だから、もともとこういう爪ってだけのことかな。
バチ指は、低年齢のうちにチアノーゼが改善されれば指先の形状も改善していくらしいから、数年後のけんちゃんの爪の形状と比較しないと、これがバチ指だったのかどうかわからないよね。
写真を残しておこう。

チアノーゼ、今まで当たり前みたいに「けんちゃんのチアノーゼはなんたらかんたら・・・」と書いてきたけど、奥が深い。
またもやいろんな数字を並べてしまったけれど、これはあくまで一般的にいわれていること。
外科のK医師の言葉を借りれば「所詮ただの数字で教科書的な知識でしかない。個人差が大きい」から、あとはけんちゃんの場合はどうか、サチュレーションがどれぐらいで唇の色が悪くなるのか、どういったときにチアノーゼが出現するか、そういったことをきちんと把握して、きちんと対処できるようになっておきたい。

また勉強したら加筆します。。。

スポンサーサイト
17 : 35 : 02 | 病気の説明 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top
<<MCT食 ポテトチップス | ホーム | 頭を切り替えて>>
コメント
--No title--

チアノーゼ、ほんとに奥が深いとゆーか、普段、何気なく使っている言葉でも、突き詰めてゆくと色々な事があるんですよね。
けんちゃん、酸素無しのサチュレーション、90~93、うらやましい!うちの子も早くチアノーゼとれたらいいなぁ…日々、元気に血色良く走り回る我が子の姿を想像しながら、自分を励ましつつ、双子のお世話に追われています(*^_^*)
by: イズミ * 2008/04/09 10:27 * URL [ 編集 ] | page top
--No title--

てんさんはホントに勉強熱心ですよね!
3人も子供がいて偉いです!!
写真のけんちゃんの爪の色きれ~!!
サチュレーションが90超えるとこんな色なんですね。
うちの子もうちょっとまるっこい様な気がします。。足の爪なんて先が丸まっていて伸びてくると皮膚にくいこんでいってしまって切るのが大変です。
早くチアノーゼがとれると治るんですね~。それは朗報だわ。
最近走り回ると、唇が紫になるのでやっぱりこのままじゃ辛いんだろうなぁと思います。
でも本人はいたって楽しそうで、紫の唇ですっごい笑顔なんで怖いです。。。でも休憩しないんですよね~もう体が慣れっこになってるんだね。
by: まぁちん * 2008/04/09 14:23 * URL [ 編集 ] | page top
--イズミさんへ--

今まで普通に「チアノーゼ」って使っていたのが恥ずかしくなります。
何も知らなかったくせに!って^^;
育児と家事、お疲れ様です。
適当に息抜きしながら頑張ってくださいね♪
by: てん * 2008/04/10 00:29 * URL [ 編集 ] | page top
--まぁちんさんへ--

写真の右下にチラっと写っているのが私の指なんだけど、私の爪よりけんちゃんの爪のほうが、はるかにいい色してます(笑)
そう!けんちゃんも足の爪の先が伸びてくるとどんどん丸まってくるの!
やっぱりこれってチアノーゼのせいなのかしら。
「紫の唇ですっごい笑顔」を想像して、笑ってしまった~^^;
by: てん * 2008/04/10 00:32 * URL [ 編集 ] | page top
--チアノーゼと発作--

チアノーゼとは、書かれている通り、低酸素血症のことですね。
チアノーゼ発作とは、チアノーゼになることにより起こる発作(呼吸困難、痙攣、意識消失など)を言い、死に至ることもあります。
チアノーゼ発作は、生後3ヶ月から3歳ぐらいの間に多く見られ、3歳以降になるとかわって蹲踞(しゃがみ込み)をとるようになります。
バチ指は http://blogs.yahoo.co.jp/peater51967/37830416.html に書いていますので、ぜひ覗きに来てください。
by: ぴーた * 2008/05/31 17:48 * URL [ 編集 ] | page top
--ぴーたさんへ--

御丁寧な補足説明ありがとうございます♪
ぴーたんさんの爪のお写真、拝見しました。
爪の付け根の爪と皮膚の角度が180度以上だと「バチ指」なのだとどこかで読んだことがあります。
不謹慎ながら「おー!立派なバチ指!」と思いました(お気を悪くされたらごめんなさい)
うちの息子も、サチュレーションが回復する前は、さかむけがよくできていました。
やはりこれも関係があったんですね。
いろいろ勉強になります。
ありがとうございます。
by: てん * 2008/06/01 01:06 * URL [ 編集 ] | page top
--No title--

チアノーゼについて気になっていたから、たすかった。

by: * 2010/05/08 15:24 * URL [ 編集 ] | page top
--No title--

がんばって下さい。
by: みかん * 2010/05/08 15:24 * URL [ 編集 ] | page top
--No title--

うちの娘は極型ファロー四徴症です。娘もバチ指の症状として、マキヅメになってますが、今とこ気にならないていどです。
本当わからないですよね。
by: * 2010/05/27 19:24 * URL [ 編集 ] | page top
--No title--

チアノーゼが一応なくなり、この写真をUPしてから2年たちましたが、あいかわらずこんなかんじのコロンとした爪です。
軽度のバチ指なのかそれとも単にもともとこういう爪なのか・・・?
by: てん * 2010/05/28 00:45 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hanae7.blog.fc2.com/tb.php/224-b52fb098
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。