FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
ワーファリンと納豆問題
2008 / 08 / 21 ( Thu )
「納豆問題」なんていうと何を大袈裟なと思われるだろうけど、
ごく一部の人は激しく頷いていると思う(* ̄m ̄)

ワーファリンを飲んでいる人がなぜ納豆を食べちゃいけないのかっていうのは、こちら(→click!)の記事でも説明しているけれど、ワーファリンは、肝臓で作られる血液凝固因子の生成に大きく関与しているビタミンKを阻害することにより、血液を凝固しにくくするお薬。
納豆はそれ自体にビタミンKが多く含まれているだけでなく、納豆菌が腸まで達するとそこで爆発的にビタミンKを生成するんだとか。
体内でビタミンKがバンバン増えることにより肝臓で作られる血液凝固因子の生産も活性化されたらワーファリンを飲んでいる意味がなくなってしまう。
これが「ワーファリン服用者は納豆は禁忌」とされている理由。

納豆の原料である大豆がいけないのではなくて、納豆菌が問題なのだ。
じゃあ、納豆菌を殺してしまえば納豆食べられるじゃん♪と思うでしょう?
甘い甘い( ̄ー ̄)
納豆菌ってやつは相当しぶとくて、熱にも強く80℃で30分加熱しても死なないし、乾燥にも強いし、マイナス100℃の低温にも負けないらしい。
腸にまで届くぐらいだから当然「酸」にも強く、胃酸で死ぬこともない。
何度の高温で死滅するのか調べてもわからなかったのだけど、干して乾燥させるとか、レンジでチンするとか、凍らせるとかすれば食べられるんじゃ・・・なんていう淡い期待は抱かないほうがいいだろう。
(「納豆菌 熱 死滅」というキーワードで検索してみると、サイトによっては「納豆菌は160℃以上の熱で死滅」と書かれているので、高温で揚げればもしかすると大丈夫なのかもしれないが、それを鵜呑みにせず、とりあえず医師に相談しましょう。納豆の粒1つずつをくっつけずにまんべんなく全体を160℃の熱にさらすのは結構手間だと思う。しかも油っぽくなりすぎて、美味しくなさそう^^;)

ある調査によると、健康な人にワーファリンを投与し、トロンボテスト値(TT値)が38%に下降した状態で納豆を100g摂取したところ、5時間後のTT値が40%、24時間後には86%と上昇し、その後も同量のワーファリンを投与したにもかかわらず48時間後には90%、72時間後は70%という高値が続いたとのこと。
(『飲食物・嗜好品と医薬品の相互作用』薬業時報社 より)
この調査からわかることは、ワーファリン服用者が納豆を食べると、少なくともそれから3日間はワーファリンの効果がなくなってしまうということ。

以前外科のK医師とこの納豆の話になったときに、K医師は「不思議と納豆がダメって言った途端みなさん『納豆、納豆』ってうるさいけど、納豆って別にそこまでして毎日食べたいものじゃないでしょう」と呆れ顔って言っていた。
私は笑顔で「そうですね。禁止されたら急に食べたくなっちゃうものなんでしょうね~」なんて答えたけれど、心の中では「K先生はたぶん、あんまり納豆が好きじゃないんだろうなぁ。私なんて毎日どころか毎食食べたいぐらいだよ!」と思っていた(笑)

そんな私も、けんちゃんがBTシャント手術を受けた2年前の9月下旬からフォンタン手術を受けた3月までの1年半、納豆をやめていた。
けんちゃんはBTシャント手術のあとから現在までずっと(そしてたぶんこれからも)ワーファリンを飲み続けている。
フォンタン手術を機に卒乳するまでは、けんちゃんはほぼ「完全母乳」で育ててきた。
医師数名に「私が納豆を食べたら母乳で納豆菌が出てくるのか?授乳期間中は納豆を食べないほうがいいか?」と質問したことがあるけれど、答えが一律ではなく「気にしなくていい」という医師もいれば「念のため納豆だけはやめたほうがいい」という医師もいた。
早い話が、明確なデータがないってことだよね。誰も調べたことがないんだろうか?
私としてはいくら納豆が大好きだといっても、シャントが詰まるかもしれないという恐れがわずかでもあるならば、BTシャント当時、その3ミリの人工血管がまさにけんちゃんの「命綱」だったわけだから、とてもじゃないけど食べる気にはならなかった。

上の子たちが赤ちゃんだった頃は、離乳食のかなり早い段階から納豆を多用していた。
食いつきがとてもよかったし体にも良さそうだったから、ご飯にのせたりうどんに混ぜたり、汁物に入れたり。。。
フォンタン後、我が家の食卓には再び納豆が並ぶようになったのだけれど、もちろんけんちゃんは納豆を口にしたことがない。
私たちが食べていたら欲しがるんだけどね~^^;

今は試行錯誤の真っ最中。
方法として、ひとつは、①これから先も家族全員、けんちゃんに付き合って家では納豆を食べない。
もうひとつは、②けんちゃんには代替品を作ってあげる。
(たとえば、ほかのメンバーは納豆とオクラを混ぜたもの、けんちゃんは煮豆とオクラを混ぜてネバネバさせてだし醤油をかけて食べるとか。少なくとも見た目は同じに近いんじゃないかと・・・)
そしてもうひとつは、③けんちゃんには「あなたはお薬の関係で食べられないのよ」と諭して、ほかのメンバーは普通に納豆を食べる。

それぞれに問題点があって、
①は、家族みんなで納豆を食べないとそもそも「納豆」という食品を知らずに大きくなることになり、将来自宅以外の場所で家族が一緒ではないときに納豆や納豆加工品を出されたときに、それが納豆だと気づかない恐れがある。
(なわけないだろ!と思われるかもしれないが、うちの夫は私と結婚するまで「なまりぶし」の存在を知らず、なまりぶしの煮びたしを作って出したところ「これって・・・食べられるの?」と言った。もうビックリよ。夫は、私がだしに使う乾燥した削りぶしを煮たんだと思ったらしい。そんなわけないだろう、バカじゃないの?家庭ごとの食文化の違いってやつは恐ろしい・・・)
②は、例えば学校給食などで納豆が出たときに、先生から「納豆はいけないんでしょう?」と言われても「ううん。家ではいつも家族と一緒に食べているから大丈夫」と、自分の食べている代替品を本物の納豆だと信じて食べてしまう恐れがある。
③は、家族みんなに納豆を見せびらかされるのを我慢すことになり、かわいそう。

理想は、主治医の許可を得て一粒だけ本物の納豆を食べさせてみて「うぇーっ、こんなマズイもん食べたくない!」「給食で納豆を食べずにすむのはラッキー!」と本人が「納豆ギライ」になることなのではないだろうか。
でもねぇ・・・オクラ大好き&めかぶ大好きなけんちゃんのことだから、恐らく納豆も好きなはず(;´▽`)=з

そうなるとやっぱり③の方法なのかなー、と思ってフォンタン後は③の方法を実践している。
スキあらばお姉ちゃんの納豆に手を伸ばすから、よーく見張っていないといけない^^;
ボクが元気でいられるのはワーファリンを飲んでいるから。このお薬の効き目が弱くなるとしんどくなるから納豆は食べちゃいけない。
そんな物分りのいいこと、何歳になったら考えられるんだ!?
私ではなく、主治医から言ってもらったら納得するのかしら?
もしいつか「どうしても納豆を食べてみたい!」と言い出したら「じゃあ今度病院に行ったときに、自分で先生にお願いしてごらん」って。
それってズルイかな~。どうせ答えはわかっているのに「悪役」を先生に押し付けることになるんだものね^^;

現在のけんちゃんは、人工血管を使用しているが、人工弁を使用しているわけではないのでワーファリンをばっちり効かせておく必要はない。
主治医のY医師曰く「凝固の値よりも、とりあえずワーファリンを飲んでいるってことに意味がある」んだとか。
だったら、たまーに納豆をちょびっと食べるぐらいだったらいいのでは?なんて思ってしまう自分もいるけれど、好きになっちゃったら「ちょびっと」では済まないものね・・・。

本人がなぜ食べられないのかをよく理解して納得するまでは、あれこれ臨機応変に対応していかねば。大袈裟?(笑)


!追記!
一度だけ、けんちゃんがテーブルに落ちていた納豆を1粒だけ食べてしまったことがあります。
念のため後で主治医に確認してみたところ
「1粒なら大丈夫(笑)でも、毎日1粒ずつ食べるとかはやめてね」と言われました。

けんちゃんが小学生になって、年に数回給食でも納豆が出ますが、入学時に提出した書類で納豆は食べられないことを明記しているのと、献立表に納豆が載っているときは事前に担任に連絡帳で再度食べさせないように伝えることで対処しています。


スポンサーサイト
15 : 17 : 38 | 検査のこと | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
<<2年ぶり | ホーム | 布製おしりふき>>
コメント
--No title--

納豆菌恐るべし!!ですねー。suzunの病院の薬剤師さんによれば、たとえ1粒でも劇的にビタミンK作るから控えて下さいって(>_<)
主治医の先生の話では、大人の人だけど、どうしても納豆食べたいから1日の摂取量を厳守するって約束でワーファリンの調節しながらって患者さんもいるらしい(^^ゞ
そこまでして食べたいか!?って思うけど、ダメって言われると食べたくなるのが人間ですよねぇ。
以前は体に良いからとお兄ちゃんにはなるべく食べさせてたけど、もともと私が進んで摂る方じゃなかったので、今は冷蔵庫にあれば夫が食べるくらいで。
もちろん食いしん坊娘はネバネバに興味津々だから、食べたいーって発狂するのも時間の問題だな。
我が家も対策練らなくては!!
by: sachikun * 2008/08/21 23:24 * URL [ 編集 ] | page top
--sachikunさんへ--

やっぱ、一粒でもダメか~^^;
私も、ワーファリンを飲んでいる大人で「年に1度は納豆食べてそのまま病院へ直行する」って人知ってる!
ムショウに食べたくなってその衝動を抑えられないらしい(笑)
by: てん * 2008/08/22 08:04 * URL [ 編集 ] | page top
----

納豆菌すごいですね(>_<)
息子は8月にフォンタンになり、そこからワーファリン生活になります。

以前一年半したらワーファリンとさよならできるかもって書いてありましたが、けんちゃんは今も服用してますか?

それと納豆以外に食べないものってありますか??
今から知識をつけときたくて(*_*)
by: ひぃ * 2014/06/10 23:00 * URL [ 編集 ] | page top
--ひぃさんへ--

たぶんワーファリンを飲み始めるときに、薬剤師さんか主治医から説明があるとは思いますが、私が気をつけていることをお話しておきますね。

学校へは、納豆・クロレラ・青汁は禁止と届けています。
ワーファリン手帳を見ると、ほかにもあれダメ、これダメといろいろ書いてありますが、それを全部守っていたら健全な食生活が送れなくなってしまうので^^;

緑黄色野菜はビタミンKを含むものが多いので、ワーファリン服用中の人がある日から突然ブロッコリーが大好きになって3食ブロッコリーを食べまくる!というようなことをしたら、次に検査をしたときに確実にワーファリンの効き具合が悪くなっています。
そういう極端なことをしなければ、納豆・クロレラ・青汁がダメと思っておけば大丈夫です。

ワーファリンは、体質だけでなくその人の食生活が大きく影響するので、人によって飲む量がまちまちです。
けんちゃんは野菜が大好きでたくさん食べるので、たまに体調不良で食欲が落ちたり、下痢したとき、つまり野菜からのビタミンKをいつも通り吸収できない状況になるとワーファリンの効きがよくなりすぎます。

以前お世話になっていた病院では、最近ワーファリンを飲まずにアスピリンのみの子が増えているようです。
ただそのことを主治医に確認したときに、無脾症の子はワーファリンをやめる子が多いけど、多脾症でしかもけんちゃんの心臓の形状だとちょっとやめるのが怖い、と言われました。
その後、お引っ越しをして今の病院に転院しましたが、こちらは大変慎重派な方針なので、フォンタンっ子は必ず「ワーファリン+アスピリン+タナトリル」の3点セットだそうです。

納豆が食べられるワーファリンにかわる薬が解禁されて、期待した時期もありましたが、その新薬は重篤な副作用が報告されはじめて、現在ではもう噂も聞かなくなったので、この線も消えました^^;
というわけで、けんちゃんは今もずっとワーファリンを飲んでいますし、今の病院にかかっている限りはこれからも飲み続けると思います。

参考になれば幸いです♪
by: てん * 2014/06/11 17:05 * URL [ 編集 ] | page top
----

すごくすごくわかりました!

ネットや本を見ても様々で何がよくてダメなのか、野菜に含まれるものもダメなのか分からなかったので
てんさんとけんちゃんの経験談を聞くとすごく分かりやすいです。(^-^)

いつも丁寧にありがとうございます!

昨日、検診に行ったら8月にコイルしてフォンタンに予約いれたからと言われました。
先週、外科との話し合いで九月終わりか10月と言われたので8月に向けて慌ただしくなりそうです(>_<)
by: ひぃ * 2014/06/11 23:15 * URL [ 編集 ] | page top
--ひぃさんへ--

8月に向けて、体調管理やスケジュール調整など、慌ただしくなりますね。
手術に向けて・・・という言葉を聞くだけで、当時の自分と重ね合わせて、私までなんだかそわそわしてしまいます(笑)
頑張ってくださいね、応援しています☆
by: てん * 2014/06/12 01:04 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hanae7.blog.fc2.com/tb.php/302-65d7e2be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。