FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
パルクスの量が倍に
2006 / 09 / 07 ( Thu )
産後5日目、私の退院の日がやってきた。
入院中は、朝・昼・夕方・夜と頻繁に面会に行って、けんちゃんが起きていれば直接授乳もしていた。
(寝てばかりで、タイミングが合わないときのほうが多かったけれど)

明日からは、自宅から病院に通わなければならない。
「毎日来るように」と強制はされていないが、やっぱり毎日顔を見たいし、直接授乳もしたいし、母乳で育てたいから自宅で搾乳した母乳を毎日届けたい。
幸い、私の体のほうはとても順調に回復していて、普通に動けるのでよかった。
1回目の手術が終わって退院できるまで頑張ろう。

昨日の夕方からサチュレーション(血中酸素飽和度)が頻繁に70%台に落ちるようになり、エコーで動脈管が閉じかけていると診断されたために、パルクス(プロスタグランディンE1)の投与量が、昨日までは0.5ml/時間だったのが、倍の1.0ml/時間に増えた。
しかし、担当の医師によると「昨日までが少ない量で様子を見ていた状態で、今のこの量が教科書どおりの量ですから御安心ください」とのことだった。
量を増やしたことでサチュレーションが80%後半~90%半ばで安定した。

生まれてから減り続けていた体重は、1960グラムで止まって増加に転じた。
栄養チューブでミルクを注入している効果が出て、生後5日目で2048グラムになった。
スポンサーサイト
10 : 53 : 23 | 闘病&成長記録 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<造影CT検査について | ホーム | 鼻に栄養チューブ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hanae7.blog.fc2.com/tb.php/32-4c0c336c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。