FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
BTシャント手術当日
2006 / 09 / 26 ( Tue )
生後24日目。

ついに、BTシャント手術の日がやってきた。
なんと今日、9月26日は、けんちゃんの出産予定日だった日。
その日に手術をするっていうのは、なんだか運命的なものを感じてしまう。

20061201124159.jpg手術開始予定時間は12時。
10時に夫婦で会いに行ったら、チューチューものすごい勢いで哺乳瓶の乳首を吸っていた。
最後のミルクが午前4時だったので、とてもお腹が空いている様子。
両手は点滴のルート確保のために針を刺されて添え木(?)をされて包帯グルグル。なんともすさまじい姿だったΣ( ̄□ ̄;)

鼻の栄養チューブは手術のときは取るのかと思っていたら、そのままとのこと。
栄養チューブをつけたお顔の写真しかないので、手術直前ぐらいは「すっきり顔」での写真が撮れるかな?と期待していたのに、ちょっと残念。
夫は「手術が無事終わって退院する頃には鼻のチューブも取れているよ」と言ってくれたけど、そんな日来るんだろうか。
生きているこの子を抱っこするのだって、もうこれが最後かもしれないのに。
そんなに悲観してはいけないと思いながらも、ついつい悪いほうへと考えがいってしまう。

オペ室に呼ばれるまで、夫婦でかわるがわる抱っこして写真を撮って過ごした。
午前中にも1件手術が入っているとのことで、もしかしたら時間がずれるかもしれないと聞かされていたが、予定通り12時前に呼ばれた。

キャスター付きの小さなベッドに乗せてオペ室の扉まで運んだ。
扉のむこうには麻酔科の医師と看護師たちが待っていて
「お預かりします」と笑顔で言われた。
夫は「よろしくお願いします」と深々と頭を下げていたが、私はオペ室の扉が完全に閉まるその瞬間まで、運ばれていくけんちゃんの小さな体を涙をこらえながら見続けた。

手術中は、家族待機室という場所で待機していなければならない。
「緊急の場合もあるので、食事なども交代で行って、どちらかは必ずここにいてください」と言われた。
このスペースは、手術中の子の親が待機するだけでなく、検査中の子の親が待っていたり、HCUやICUに面会に来た親が食事をしたり、自動販売機も置いてあるので医師や看護師が飲み物を買いにきたりもして、いろんな人が出入りする落ち着かない場所だ。
かえってそれで気が紛れていいのかもしれないが、葬儀屋さんらしき男性が、今朝この病院で亡くなった子の葬儀の手配を電話でしていた。しかも大声で。
最悪だ。
ここがどういうスペースか知らないんだろうけど、今、我が子が命がけの手術を受けている最中に葬式の話を聞かされるだなんて・・・

手術は2時間で終わると聞かされていたが、こういうのは長引くのがつきものよね、とも思って、14時になってもあまり気にせずに時間つぶしのために持参した編み物をせっせとやっていたら、14時15分に執刀医がやって来た。
「予定通り終わりました。手術自体はうまくいきました。問題はこの後ですね。24時間・・・頑張ってもらいましょう。あと30分ほどしたらICUで会ってもらいますから、もうしばらくここで待っていてください」と言われた。

(つづきはこのあとの記事で →click! )
スポンサーサイト
12 : 36 : 36 | 手術のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ドレーン取れる | ホーム | BTシャント手術後ICUで対面>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hanae7.blog.fc2.com/tb.php/44-50fb3613
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。