FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
日本胸部外科学会 学術調査
2014 / 01 / 16 ( Thu )
けんちゃんがフォンタン手術を受けたのは2008年の3月だが、その同じ年に一体何人ぐらいの子が同じようにフォンタン手術を受けたんだろうか?
という記事を、2006年の学術調査の報告をもとに書いてそれっきりになっていた。

過去記事に埋もれてどのあたりでその日記を書いたのかもわからなくなっていたが、今回のブログお引っ越し作業中に発掘することができ(→2008.12.02の日記)、さっそくその学会のホームページにお邪魔してみた。

日本胸部外科学会のHP

トップページから「学術調査」→「2008年学術調査結果」→「先天性 2008年学術調査結果」

生後1ヶ月未満の新生児のフォンタン手術が1例あるんだけど、ほんとに!?
けんちゃんは1歳6ヶ月でフォンタン手術を受けているから、「1歳以上」の375例の中のひとりなんだなぁ。

生まれる前からお世話になっていた病院から遠く離れてしまったけれど、執刀医のA医師をはじめ、大好きなT医師や、主治医としてずっとけんちゃんの成長を見守ってくれた内科のY医師や、いろいろ教えてくださったソーシャルワーカーさんなど、いくら感謝の言葉を並べても足りないぐらいに感謝している。

これからもけんちゃんがずっと元気でいられますように。
そして、これからも多くの小さな命が救われますように。
スポンサーサイト
13 : 00 : 36 | 手術のこと | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
<<インフルエンザ | ホーム | 循環器外来>>
コメント
--読解力が。。。--

日本胸部外科学会のHPを開いただけで、なんじゃこりゃ。と難しい言葉だらけですがあちこちクリックしてみました。心臓血管外科専門医試験問題などにたどり着き、てんさん絶対やってるよ。などとおもいながら、娘の2013年判はまだみたいで、グレンと同時に1.5心室修復術を3ヶ月と5日目でやってるので興味津々です。いつアップデートされるのでしょうか。
サチュレーション90の件です。心疾患がある子達は、医師の見解ではサチュレーションは70-80が生きていくうえで脳障害なしで十分な数字だそうです。なので90なんかはとても良い数字なんだそうです。この間言ってた通り、娘は毎日1000km以上のところで生活している感じで、毎日訓練して体を鍛えてるそうです。病院の帰りに運転しながら、富士山とかに登ったらどうなるんだ?きりがないのでした。あと
多血症だそうです。今の時点では問題はないそうです。でも多血症で検索すると、ふーん、これもまた勉強しなければですね。
我が家は只今下痢と嘔吐で大変な事になってますが、がんばります。
by: ケンタ * 2014/01/24 19:45 * URL [ 編集 ] | page top
--ケンタさんへ--

2013年版がUPされるのは、ずいぶん先になるような気がします^^;
どれぐらいの人数の子が同じぐらいの時期に手術を受けたかって、ちょっと気になりますよね。

あはは、ほんとだ。
こういう子たちが富士山に登ったら、それってどういうことになるんだろう!?
将来もしけんちゃんが富士山の頂上まで登りたいと言い出したらどうしようかしら^^;

ノロでしょうか?
どうぞおだいじになさってください。
by: てん * 2014/01/26 23:43 * URL [ 編集 ] | page top
----

すごいですね、1才前にフォンタンまでできたなんて…。
知り合いに、肺動脈閉鎖があるけど、肺高血圧もあって、さらに喘息を発症しちゃってるので、4才になるのにフォンタンに進めないお子さんがいます。
酸素がとれないし、喘息発作も重症化しやすい!!
だから、肺高血圧も良くならない!!
いつになったら、フォンタンまで進めるのかなーと、ヤキモキしてます。
by: sw in fujisawa * 2014/01/28 22:43 * URL [ 編集 ] | page top
--SWさんへ--

2008年より今のほうがもっとあれこれ進歩しているのでしょうね。
そのお子さんもフォンタンに到達できるといいですね。
よい方向へ進んでいきますように。
by: てん * 2014/01/29 01:49 * URL [ 編集 ] | page top
--K先生がいなくなる!?--

今日、母性衛生学術集会で会った産科の先生から聞いた話。
けんちゃんの心臓の病気を、お腹のなかで正確に診断した小児科のK先生が今春東北大学の教授に転出のするそうです!!
出生前に診断するK先生と、生まれてからてきぱきと手術するA先生がタグを組むから、赤ちゃんにとって安心で安全だったのだけど…。
東北の赤ちゃんが沢山恩恵を受けられるようにはなるんですけど。
by: hamamarine * 2014/02/08 19:58 * URL [ 編集 ] | page top
--hamamarineさんへ--

えーーっ!?
かなりショックでいま心臓バクバクいってます^^;
なぜかK先生はずっとあの病院にいるものだと思っていましたが、たしかに別の地域の赤ちゃんを助けるために異動されてもおかしくはなかったんですよねぇ・・・
後進となる先生は育っているのかしら?
おっしゃるとおりで、うちのけんちゃんはK先生とA先生の見事なタッグで救っていただいた命だと思っているので、なんだか複雑な気分です(>_<)
貴重な情報ありがとうございました!!
by: てん * 2014/02/09 01:24 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hanae7.blog.fc2.com/tb.php/517-7e6de1cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。