FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
退院日決定!
2006 / 10 / 05 ( Thu )
生後1ヶ月と3日目。術後9日目。

今日こそ退院のメドについて聞くぞ!と意気込んでやってきたのに、担当の看護師が昨日と同じ人だった。
しかも、私がやってきたとき、けんちゃんはおしゃぶりをテープで口にとめられて強制的に吸わされて電動スイングラックで揺られていた。

おしゃぶりをテープで止めておかないとすぐに外れて泣いてしまうからなのはよくわかる。
おしゃぶりを吸わせたほうが気持ちが落ち着いて余計な負担をかけずに済むことだってわかっている。
だけど、同じことを母親が自宅でやっていたら、もっともらしい理由をいくらあげたところで間違いなく「虐待です!」と怒られるにちがいない。
こんな目にあわせてごめんね・・・と心の中でつぶやきつつ、看護師に八つ当たりしてみた。

「もう直接授乳しているし、授乳量も制限がなくなったし、点滴もしていないし、あとどうなったら退院できるんです?こんな状態かわいそうなんですけど」
ときつい口調で言ったが、それでも看護師は
「それはドクターに聞いてみないと何とも・・・」とぼそぼそ言うので、
「じゃあ聞いてください。それかY先生呼んできてください」
と言ってしまった。

お昼頃になってようやく循環器内科のY医師がやってきた。
今朝のエコーで、動脈管が完全に閉じていること、そしてシャントがきちんと機能していることを確認したとのこと。
脾臓は予想通り「多脾症候群」であったようだ。
「脾臓が無いよりあるほうが感染症に強いからいいけれど、多脾の子のうち3割は将来不整脈がおきて、ペースメーカーを入れる可能性もあります」と説明してもらった。
退院に関しては「それは外科の先生が決めることなので、私からははっきりいつとは言えないけれど、そろそろだと思います」とのことだった。

さすがにY医師にむかって「じゃあ外科の先生を呼んでくれ」とは言えなかったが、そのあとすぐ、今度は心臓血管外科の医師がやってきた。
「ちょっと脈が速い(140~150)のが気になりますが、もういつ退院してもいいですよ。何なら今日でもいいですけど?」とのこと。
「今日」ってΣ( ̄□ ̄;)
何の準備もしていないのに無理にきまってんでしょー!
だからもっと前もっていつぐらいに退院になるか知りたかったのに。

ということで、7日の土曜日に退院が決定した!
スポンサーサイト
11 : 59 : 33 | 闘病&成長記録 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<BTシャント手術の費用&入院費用 | ホーム | 点滴が全て取れた!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hanae7.blog.fc2.com/tb.php/53-855c0e91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。