FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
グレン手術当日
2006 / 12 / 13 ( Wed )
朝8時に夫婦で病院到着。
執刀医のA医師がやって来て「手術の方法が少し変わります」とのこと。
先日のカテーテル検査の結果が全て出揃ったところでもう一度確認してみたら、A医師が思っていた以上に肺の圧が高く、シャントを残す方向での手術は無理。
左上大静脈を肺動脈に吻合するのは予定通りだが、開通する見込みが薄いとされていた閉鎖している右上大静脈の閉鎖箇所を掃除して、開通すればそちらも肺動脈に吻合。
BTシャントは切る。
肺動脈の狭窄箇所の形成手術も行う。
サチュレーションの改善は望めないため、おそらく在宅酸素療法を行うことになるだろう。
「・・・ということでよろしいですか?」と聞かれた。
よろしいも何も、土壇場でそんなことを言われても「お願いします」としか言えないじゃないか。

 8:45 オペ室入室 お腹が空いて泣き叫びながらのお別れとなった
 9:00 麻酔開始
10:00 オペ開始 家族待合室で待機
13:30 A医師が出てくる

オペ室から出てきたA医師が浮かない顔をしているな~と思ったら案の定
「右上大静脈は何とか開通して肺動脈につなぎましたが、おそらく2ヶ月ほど閉鎖していたためにガチガチに硬くなっていて、しかも細いのでほとんど血が流れません。肺動脈の狭窄箇所もひろげましたが右肺に思うように血が流れない状態なので、これから右肺に血が流れやすくなるように血管の拡幅手術を行います。準備しなおして、あと3時間ぐらいかかります」
とのこと。

グレン手術は、上半身から戻ってくる静脈血を心臓のポンプを通さずに「落差」を利用して直接肺に流れるようにする手術。
肺にちゃんと血が流れなかったらどうしようもない。
と言っても、A医師はきっとこれぐらいのことは何度も経験しているのだろうし、こういう恐れもあることを想定もしていただろう。
だから大丈夫。
そう思いながらも、不安が募る。

暇つぶしのための編み物を完成させても、待合室に置いてあった「テニスの王子様」1~31巻を読み終えてもまだ呼ばれない。
どうしよう、けんちゃん大丈夫なの・・・?
不安で胸がドッキンドッキンしているのが、セーターの上から見てもわかった。

ようやく手術が終了し、ICUに呼ばれたのが18時。
9時間ぶりにけんちゃんと対面。
むくみはあまりひどくないけれど、顔色は悪く、明らかに状態が良くなさそう。
酸素濃度100%(ちなみにふつうの空気の酸素濃度は20%程度)の人工呼吸器をつけていても、サチュレーションが60いくかいかないか。

今回の手術でA医師の助手をつとめた心臓血管外科のK医師から説明を聞いた。
「手術自体はうまくいきましたが、肺への血流量が少ないです。BTシャントの高い圧にさらされて肺の血管が萎縮してしまっていること、今日の手術で長時間人工心肺装置を使用していた影響、血管が細くて中心静脈圧(CVP)が高いことが原因です。おしっこも出にくい状態です。これを改善するために、一酸化窒素療法というのを行いたいんですが、これは保険外の治療なので自費になります。よろしいですか?」
ということで、一酸化窒素療法の説明を簡単に聞き、説明書と同意書を受け取った。
一酸化窒素療法に同意したので、さっそく開始することとなった。
(一酸化窒素療法の詳しい説明はこちら→click!

中心静脈圧(CVP/central venous pressure けんちゃんの場合は左上大静脈の圧)は17mmHg。これを13mmHgぐらいに落ち着かせたいらしい。
20を超えるとほとんど血が流れなくなり、上半身のむくみが激しくなってかなりピンチとのこと。
怖すぎる・・・。

今晩はもしかしたら、また仮眠室で泊まり?と思ったが、そこまでするほど危険な状態ではないとのことで、21時に病院を出て帰宅した。

スポンサーサイト
23 : 47 : 26 | 手術のこと | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<グレン手術翌日 | ホーム | 麻酔科医の説明>>
コメント
--No title--

初めまして。

次女が単心室、完全大血管転移症です。
シャント手術を終え2週間後にグレン手術を控えています。

もちろん病院の方針等も違いますが、けんちゃんの手術の流れを見させてもらいました。

シャントの時は何もわけがわからず気づいたら退院していましたが、今回は色々な情報をネットで見ているだけに徐々にドキドキしてきました!
by: suemom * 2010/10/26 22:11 * URL [ 編集 ] | page top
--suemomさんへ--

流れがわかるほうが術前の質問などもいやすくなりますが、知れば知るほど怖くなってしまいますよね。
お嬢様、無事にグレンを乗り越えて順調に回復していきますように。

先日アメーバのほうにもメッセージを送っておきました♪
by: てん * 2010/10/29 12:05 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hanae7.blog.fc2.com/tb.php/62-9c17bdef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。