FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
明日こそ
2006 / 12 / 27 ( Wed )
22日、病院から帰る途中におばあちゃんから携帯に電話があり、娘が昼過ぎから嘔吐と下痢を繰り返しているとのことΣ( ̄□ ̄;)

急いで帰宅して、かかりつけの小児科の診察終了時刻ぎりぎりですべりこみ診察してもらった。
ノロウイルスではないが、似たようなウイルス性腸炎とのこと・・・
まず嘔吐を止めないと水分の補給も服薬もできないので、吐き気止め(ナウゼリン)の座薬をその場で入れてもらう。

まだ吐くようなら8時間後にもう一度座薬を入れるようにとのことで、座薬のナウゼリンを2錠、吐き気がおさまっていたら翌朝から食前に服用するようにとのことでナウゼリンとミヤBMの散剤を1日3回4日分もらった。

脱水症状にならないために水分補給を心がけなければならないが、一度にたくさん飲ませると吐いてしまうため、イオン飲料を10mlからはじめて、様子をみながら量を増やしていき、多くても1度に50mlまで。
食事は翌朝から、繊維質・乳製品・刺激の強いものを避けおなかにやさしいものを少量から与えるようにとの指示を受けた。

小児科から帰宅して、けんちゃんの病院に電話をして、家族がウイルス性腸炎にかかったことを報告した。
心臓血管外科の医師に「潜伏期間が1~2日なので、その間はお母様も面会にこないでください。24日の退院はこの分じゃムリかな~。とりあえず、24日の朝に電話ください」と言われた。

娘は翌朝にはずいんぶん元気になっていて、食欲こそまだないものの、普通に起き上がって遊べるようになった。
私が珍しく1日中家にいるのを喜んでいる様子だった。
思いがけず「お休み」をもらった形になったので、年賀状を書いた。

そして、24日の早朝。
おばあちゃんが吐いた。夫は下痢。
私とお兄ちゃんは発熱と軽い腹痛・・・・つまり、家族全員にうつってしまったのだ。
夫が病院に電話して、この状況を報告。
全員元気になった時点でまた連絡することとなった(涙)
とんだクリスマスになってしまった。
でも、我が家でウイルス性腸炎が猛威をふるうのが、けんちゃんが退院する前でよかった。

12月26日、全員回復したので病院に電話。
回復してからさらに1~2日様子をみたほうがいいとのことで、退院は28日
ということになった。
けんちゃんの状態は落ち着いていて元気とのこと。

早くけんちゃんに会いたい。
明日こそ、退院できますように!!




スポンサーサイト
11 : 17 : 34 | 闘病&成長記録 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
<<やっと退院! | ホーム | 酸素濃縮装置>>
コメント
--No title--

はじめまして。本当に大変そうな病気と手術ですが、けんちゃん元気に育って欲しいです。早く会えるといいですね。
私の妻が妊娠7ヶ月ですが、妊娠20週の段階で先天性心疾患がわかりました。結構複雑みたいで、生後すぐ強いチアノーゼが出そうで、手術が成功しても2ヶ月くらい赤ちゃんに会えないと言われています。
ブログは全然関係ない、たわいのないこと書いています。
では、また来ます。
by: とり * 2006/12/31 17:04 * URL [ 編集 ] | page top
--No title--

とりさま

コメントありがとうございました。
けんちゃん、無事28日に退院し、家族揃ってお正月をむかえることができました。

妊娠中に赤ちゃんの病気が判明すると、そこから出産までのストレスは相当なものです。
いっそ生まれるまでわからないままだったらどんなに幸せな気分でいられただろうと思うこともよくありました。
でもやっぱり、出生前に病気がわかっているのはとても大事なことだし、万全の体制で生まれてくることのできる赤ちゃんは強運の持ち主だと思います。
うちのけんちゃんも、とりさまの赤ちゃんも。
今はまだ不安ばかりだと思いますが、現代医学を信じて頑張りましょう。

ブログ、拝見しました。
私は動物がとても好きなので、素敵な写真にとても癒されました(*^-^*)
by: てん * 2007/01/02 16:20 * URL [ 編集 ] | page top
--No title--

ありがとうございます!!
そして、おめでとうございます。

けんちゃんのことは、他人事ではないので、これからもがんばってください。
私は、いまでは何も隠すことなくすべてを教えてくれたオタワの医者に感謝してます。手術さえ成功すれば、という希望でいっぱいです。もし教えてもらえなかったら、うちの子の場合、出生後すぐ死んでたと思います。
胎児心エコーを含む出生前診断は、もっと見直されてもいいと思います。でも、受け入れる心の準備は大変ですね。
by: とり * 2007/01/04 22:38 * URL [ 編集 ] | page top
--No title--

とりさま

私も、最初に「心臓が右にある」と気づいてくれた産婦人科の医師にとても感謝しています。
といいつつ、まだその後のことをその医師に報告していないんですよね~。
お礼を兼ねて状況報告のお手紙を書かねばと思ってはいるんですが^^;
by: てん * 2007/01/05 20:19 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hanae7.blog.fc2.com/tb.php/67-e37a2c0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。