FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
「小児慢性特定疾患」申請
2006 / 10 / 30 ( Mon )
区の保健福祉センターに「小児慢性特定疾患」の申請書と医師に書いてもらった意見書を提出しに行った。

9月に区役所に出生届を出したときに保健福祉センターにも寄り、制度のおおまかな説明を聞いていた。
「子供が先天性の重症心疾患なので」と言うと「具体的な病名は?」と聞かれたので「たくさんあるんですけど・・・^^;」と答えたら、紙に書かされた。
右胸心・単心室・単心房・肺動脈閉鎖・左上大静脈遺残・共通房室弁・多脾症
と書いたら、係りの人がファイルを見ながら
右胸心・単心室・単心房・肺動脈閉鎖・多脾症に丸をつけ、
「認められそうですね」と言われて慢性心疾患用の申請用紙をもらった。

自治体によってちがうのかもしれないが、医師の意見書では、「疾患名」は3つまで登録可能で、主となる疾患名を最も左側に記入し、その疾患名でこの制度の対象となるか否かが判定されることになっている。
意見書を書いてくれたのは執刀医のA医師で、疾患名のところは「単心室、肺動脈閉鎖」と書いてあった。

この制度が利用できるようになると、所得に応じて月々の医療費負担額の上限が決められていて、それ以上の医療費はかからないことになる。
ただし、それは登録している病気の診察のために登録している病院で受診した場合のみ。
心臓と全く関係ない病気でほかの医療機関に受診した場合には使えない。
「重症認定」を受けている子は、所得に関係なく自己負担はゼロ。
心疾患の場合には、ペースメーカーを使用しているか、6ヶ月以上酸素療法を行っている(行う可能性が高い)場合にのみ「重症」と認定されるらしい。

今は、自治体の「乳幼児医療証」があるので、どっちみち医療費は無料なのだけど、「乳幼児医療証」と「小児慢性特定疾患医療受診券」の両方を持っている場合には、「小児慢性特定疾患医療受診券」が優先される。
だから、けんちゃんが今お世話になっている病院では、毎月自己負担額の上限までを支払うことになるのだけど、それは「乳幼児医療証」が有効であるうちは、あとで区役所に病院の領収書を持って行けば還付してもらえる。
いちいちそうしないといけないのって、すごく面倒・・・区役所までの往復の交通費もかかるし、と思い、病院の福祉相談員に「うちは所得制限にひっかかって乳児医療証が1歳までなんですが、それまで小児慢性特定疾患の申請をしないで乳児医療証だけを使うことは可能ですか」とたずねたところ、「小児慢性特定疾患のほうがお得ですよ」と言われた。

というのも、「乳幼児医療証」では、入院した際の「食事代」は対象外で負担しなければならないが、「小児慢性特定疾患医療受診券」は食事代も治療の一部とみなされて対象となっているから、とのこと。
生まれてからBTシャント手術を受けて退院するまでの入院の際の領収書でたしかめてみたら、「食事代」が1万6900円かかっていて、たしかにこれは「自己負担分」として支払っていた。
1歳までにカテーテル検査の入院とか、熱を出して入院とか、何度か入院する機会はあるだろうから、やっぱり還付手続きの手間や交通費を考えても「小児慢性特定疾患」の申請をしておくほうがお得だな、と私も納得して申請することとなった。
スポンサーサイト
16 : 26 : 46 | 医療費・助成制度 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top
<<外来日 | ホーム | 初めての散歩>>
コメント
--No title--

とても参考になりました。
ありがとうございます。
by: * 2009/06/18 23:41 * URL [ 編集 ] | page top
--No title--

参考になりました。
小児慢性疾患のある子どもの母です。
先日、小慢医療証が届いたばかりです。
by: 山羊 * 2010/08/27 08:07 * URL [ 編集 ] | page top
--山羊さんへ--

お役に立てたでしょうか。
病児の母となって医療費助成制度のありがたみをひしひしと感じています。
by: てん * 2010/08/27 08:38 * URL [ 編集 ] | page top
--No title--

乳幼児医療助成と小慢医療給付の違いや、併用のメリット等、とても参考になりました。

近々申請する予定です。
by: nia- * 2010/10/07 00:32 * URL [ 編集 ] | page top
--nia-さんへ--

医療費の助成制度もいろいろあって、調べてみると奥が深いですよね^^;
うまく助成制度を利用してお互い闘病生活がんばりましょう
by: てん * 2010/10/07 08:33 * URL [ 編集 ] | page top
--情報ありがとうございました--

ちょうど乳幼児医療症と小児慢性疾患の医療券どちらがいいのか迷っていて、検索したらたどりつきました。心置きなく小児慢性疾患の方を申請しようと思います。
うちは2007年生まれの男の子。成長が遅く、イライラする毎日ですが、生まれてきてくれたことに感謝することを思い出させていただきました。本当に、天使、ですよね。
ありがとうございました。
by: jiayou * 2011/03/10 23:10 * URL [ 編集 ] | page top
--jiayouさんへ--

参考にしていただけたのなら幸いです。
イライラすることが重なると、まだ赤ちゃんだった頃に「この子は天使かもしれない」と思ったときのことを思い出して、心を落ち着かせます(笑)
お互い頑張りましょう!
by: てん * 2011/03/11 01:34 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hanae7.blog.fc2.com/tb.php/68-1e977c3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。