FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
緊急事態!?
2006 / 11 / 28 ( Tue )
生後2ヶ月と26日目。
身長:52.8センチ  体重:4362グラム

受診科が心臓血管外科から循環器内科にかわった。
ほかの病院ではどうなのかは知らないが、お世話になっている病院では、術後しばらくは術後の経過やキズの状態も診てもらわないといけないため心臓血管外科に受診する。
そして術後の心配がなくなれば循環器内科にうつる。

外科に受診していたときは、診察の前に血液の凝固テストがあり、採血してからその結果が出るまでに30分以上かかっていたのだが、循環器内科にうつって、その採血がなくなったのがありがたい。
かわりに、心電図検査があるのだけれど。
こちらもなかなかの「クセモノ」で、
泣いていると正確な波形がとれないとのことで、いかに機嫌の良いままでじっとしていてもらうかがカギとなる(笑)

循環器内科の主治医は、病棟でもお世話になっていたY医師。
まずサチュレーション(血中酸素飽和度)をはかりましょうということで、足の指にモニターを付けてみたところ、なんと39%!!
これはありえない低さで、Y医師も看護師も私もビックリΣ( ̄□ ̄;)

機械がうまく拾ってないだけかもということで、あちこち付け替えてみてもやっぱり40台をふらふら、たまに60ぐらいまで上がるけれど、またすぐに下がり・・・
Y医師の顔が険しくなった。

「シャント(人工血管)が詰まりかけているかもしれません。午後にエコーをしたいんですが、今日お時間ありますか?本当ならこのまま入院してもらいたいぐらいなんだけど」といわれた。

「でも、すごく元気ですよ?前回の外来でK先生には『シャントの音がすごくよく聞こえる』って言われたし、今だって顔色はすごくいいし」

「シャントは詰まり始めるとあっという間なんです。それで緊急オペなんて嫌でしょう?顔色は確かにひとつの目安ではあるけど、必ずしもサチュレーションと連動しているわけではないんです。顔色が良くてもサチュレーションがこれだけ低いっていうことは、何か問題があるということです。最近、御自宅で顔色が悪くなることはありませんでしたか?」

「・・・・たしかに、唇の色が悪いな~と思うことがここ数日で何度かありました」
そう、言われてみれば思い当たることはあったのだ。
お風呂上りとか、夜寝ているときに唇の色が紫っぽくなることがあって、でもそれは気温が下がってきたから単に寒いせいかなと思っていた。
具合が悪いのかも・・・ともチラっと思ったが、それを認めたくなかった。
おっぱいの飲みはよかったし、機嫌が悪いこともなかったし、Y医師はものすごく焦っている様子だったけれど、シャントが詰まりかけているとか、こんなに低いサチュレーションは信じられなかった。
「じゃあ、午後にエコーしてください。それでシャントが大丈夫そうだったら、とりあえず今日は家に連れて帰ります」と答えた。

エコーの結果、シャントは勢いよく流れているとのこと。
ではなぜここまでサチュレーションが下がってしまったのかというと、体が大きくなってきて、3ミリの人工血管では肺への血液の供給が間に合わなくなってきているのだろう、と。
「次の手術が早まるかもしれませんね~。本当は次の手術までずっと待機入院してもらって経過をみていきたいところです。サチュレーションが低い状態が続くのはよくないですよ。これじゃ心配でしょう?」
と言うY医師の入院の打診を私が渋り続け、とりあえず1週間後にもう一度エコーとサチュレーションをはかりに来ることとなった。

「機嫌が悪くなったり、ミルクの飲みが悪くなったり、夜寝なくなったりすることがあったら、それは具合が悪いサインですから、早めに連絡してください」と念押しされて病院をあとにした。

スポンサーサイト
12 : 31 : 41 | 闘病&成長記録 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<病院から電話 | ホーム | 外来日>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hanae7.blog.fc2.com/tb.php/75-7106a1c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。