FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
カテーテル検査
2006 / 12 / 06 ( Wed )
生後3か月と4日目。

よく「心カテ」とか「カテ検」と言われている「カテーテル検査」。
太ももの付け根の静脈からカテーテルを入れ、心臓付近まで通して行う検査。
検査のリスクは、血栓・心不全・不整脈・穿孔。
体内に人工物(この場合はカテーテル)が入ると、そこに血が付着しやすくなり、それが血栓になる恐れがある。
心不全と不整脈は病状によるが、元気な状態で受ける場合にはさほど気にしなくてよい。
穿孔は、昔まだカテーテルが針金のような材質だったときに、心臓や血管に穴を開けてしまうといったことが起きたが、現在はカテーテルがやわらかい素材になったので、検査に熟練した医師が行えば全く心配する必要はない。「ただ、教科書にそう書いてあるから、一応リスクのひとつとして話しておきます」とのことだった。

今回の検査の目的は、肺動脈の血流量の測定と血液のサンプリングをすること。
肺への血流量を測ることにより肺血管抵抗がわかり、それが低ければグレン手術が可能となる。
もし肺血管抵抗がグレンをするには高いと判断された場合には、サチュレーションを回復させるために「左シャント」(前回は右シャント)をすることになり、当初は予定されていなかった手術が1つ増えることになる。
できればそれは避けたい。
どうかグレンができますように、と祈る気持ちで病院へ。

朝7時半に病室に入ると、Y医師がすでに待っていた。
カテーテルを入れる部位に、痛みをやわらげる「ペンレステープ」を貼り、ソルデムとヘパリン(血栓防止)を点滴。
カテーテル検査は左右どちらか片方太ももの付け根からのみカテーテルを入れる場合が多いようだが、けんちゃんの場合は、左右両側に上大静脈があり、その両方ともにカテーテルを通したいからということで、左右両方の太ももにカテーテルを入れる予定。

8時半に検査室に入室して、11時に病室に帰ってきた。
しばらく動かないように、上半身はチョッキのようなものを着せられ、足はひもでベッドにくくりつけられて、起き上がったり寝返りをうたないように「拘束」。
といっても、けんちゃんの場合、まだ寝返りすらうてない赤ちゃんなので、気にすることなくぐっすり眠っていた。

夕方、夫が仕事を早めにきりあげて病院に来て、一緒に検査の結果を聞いた。
「結論からいうと、グレン手術できます」とのY医師の言葉にほっと胸をなでおろした。
でも新たな問題が・・・
検査の画像を見せてもらったが、右上大静脈が閉鎖し、側副血管がたくさんできていた。
これは、前回のBTシャント手術の際に首に入れていた点滴の影響だろうとのこと。

手術は12月13日。
グレン手術とあわせて肺動脈の狭窄箇所を修復する手術をする可能性も。
右上大静脈が閉鎖しているので、通常のグレンとはちがい、シャント(人工血管)をのこすことになるかもしれない。
詳しくは、またこれから外科とよく相談して、手術前に外科の医師から説明してもらいます、とのことだった。

グレン手術できることになってよかった。
でも、右上大静脈が閉鎖していたのはショックだった。
「側副血管はやっかい」というのをよく聞くから、とても心配・・・
でも、体重が増えてサチュレーションが下がったことによりグレン手術が早まったおかげで、右上大静脈が閉鎖していることも早めにわかってよかった。
もしそれに気づかないまま予定通り来年2月にグレン手術ということになっていたら、もっとたくさんの側副血管ができていた可能性がある。

ってことは、手術が早まってよかったんだな。
やっぱりけんちゃんはラッキーだわ♪
と思う反面、点滴の影響で血管が詰まったって、そんなのあり!?という不満も。

けんちゃんは結局、手術まで待機入院となった。
とても複雑な気分で帰宅した。


グレン手術の適応条件は
肺動脈圧の左右の平均 20mmHg以下
肺血管抵抗 3.0以下
肺動脈指数(PA index) 250以上

けんちゃんの場合、肺動脈圧が右14、左11で平均が12.5mmHg だった。
あとの数値は不明。
スポンサーサイト
13 : 58 : 21 | 検査のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<同窓会的雰囲気 | ホーム | 入院>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hanae7.blog.fc2.com/tb.php/79-e14d767e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。