FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
ワーファリンとトロンボテスト
2007 / 01 / 03 ( Wed )
血液を凝固しにくくする薬「ワーファリン」と、その効果を確かめる検査「トロンボテスト」について、まとめておこうと思う。

【ワーファリンとは】
ワーファリンは血栓塞栓症(静脈血栓症・心筋梗塞症・肺塞栓症・脳塞栓症・脳血栓症など)の治療および予防に用いられる薬。

肝臓で作られている血液凝固因子の合成にビタミンKが関わっているとされている。
ワーファリンはそのビタミンKを阻害することにより血液凝固因子の生成を抑制し血液凝固作用を阻害するというメカニズムになっている。

【ワーファリン服用中の注意点】
「ワーファリンを飲んでいる人は納豆を食べてはいけない」と言われているのはなぜかというと、納豆にビタミンKが多く含まれている(0.93?/100gあたり)からだけでなく、納豆菌が腸内で大量のビタミンKを生成するため、ワーファリンの効果が打ち消されてしまうから。
納豆は少量でもビタミンKが生成されるため、納豆および納豆関連食品は禁忌とされている。
市販の整腸剤には納豆菌が含有されていることがあるため、購入・服用の際には成分表示をよく確認して、もし納豆菌が含まれているようなら服用しないこと。

納豆のほかにビタミンKが多いとされているクロレラ飲料やクロレラ食品は含有量がメーカーによって様々だが、緑藻植物は大量のビタミンKが含まれているので注意が必要。
クロレラは100?あたり3.6?のビタミンKを含有しているため、はっきり「摂取禁止」としている病院も多い。

野菜でビタミンK含有量の多いものにはホウレンソウ、ブロッコリーなど。
ホウレンソウとブロッコリーをそれぞれ250g摂取したときのトロンボテスト値への影響を調べたあるデータによると、1回だけ摂取したときは治療域を逸脱するほどの影響は見られなかったが、1週間連続して摂取した場合、トロンボテスト値が有意に上昇したとのこと。
このデータと食事全体の栄養バランスなどを併せて考えると、ビタミンKを多く含んでいる緑黄色野菜や海藻類などは、大量に食べ続けなければ通常食べる量は問題ないということ。
ワーファリンの作用に影響を与えるビタミンK量は、160mg以上という報告もある。
ビタミンKを恐れるあまり緑黄色野菜の摂取をやめてしまうと、ビタミンK欠乏症となり出血しやすくなるので、バランスのよい食事を心がけることが大切。

ビタミンKを多く含む野菜(mg/100gあたり)
パセリ(0.73)
春菊(0.35)
ブロッコリー(0.23)
ホウレンソウ(0.26)
「ビタミンK含有量一覧表」はこちら→click!
(資料によって数値がビミョーに異なります)

それ以外の注意点としては
・服用後数時間は特に出血しやすいため、就寝前に服用するのが望ましい
・大量出血するようなケガをしないように注意する
・歯の治療を受ける時は、必ずワーファリンを服用していることを告げる
・胎児に影響をおよぼす恐れがあるので妊娠中の服用は医師に相談する

ちなみに、ワーファリンを飲んでいるときに万が一交通事故に遭ったらどうなるのか医師に質問してみたところ「ワーファリンを飲んでいることがあらかじめわかっていれば大丈夫。ワーファリンを飲んでいても血は止まるから」とのこと。
だから、自分がどういう病気でワーファリンをどれぐらい飲んでいるかということを記したものを、財布や定期入れなどわかりやすい場所に入れて常に携帯しておくことが望ましい。
ワーファリンを服用していることを伝えるための手帳「抗凝血薬療法手帳」というものもある。

【トロンボテストとは】
血液の固まり具合、すなわちワーファリンがちょうどよく効いているかどうかを調べる検査。
1959年にOwrenが考案した検査法。
ワーファリンによる効果をみるのに一般的に行われているの検査にはトロンボテスト(TT)のほかにプロトロンビンによる時間の測定法(PT-INR)もある。
検査の結果をみて、ワーファリンの量を調整していく。

【トロンボテストの測定方法】
ウシ脳トロンボプラスチンを蒸留水で溶解し、その一部を小試験管に取り、37℃で保温後、クエン酸ナトリウムを添加した静脈血(3.2%のクエン酸ナトリウム0.2mLに対し血液1.8mLの割合)を加え、凝固時間を測定。
各ロットに添付された標準曲線から活性値を読み取る。
凝固活性は通常パーセント(%)で表わされる。

【トロンボテストの正常範囲】
正常凝固時間を100とした場合、70~130%が健康な人の正常域とされている。
ワーファリンを服用している場合、年齢、病院、病気などによってワーファリンの適正レベルが異なる。


【ひとりごと】
血液の凝固テストに時間がかかるため、医師に「もっと早く検査する方法はないんですか?」と聞いたことがある。
「早く検査できる機械もあるんですが、ものすごーく高いんです。でもこの病院は公立のこども病院だから、これでも設備はかなりいいほうなんですよ」と言われた^^;


スポンサーサイト
14 : 16 : 10 | 検査のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<グレン手術の費用 | ホーム | グレン手術後初の外来>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hanae7.blog.fc2.com/tb.php/92-8ad6aae8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。